一口にいってもさまざまな会社が存在!

woman50代女性

キャッシング会社の種類 キャッシングといってもひとえに何処の会社のことを指しているのか良く分からないですよね。
キャッシングというのは借り手側と貸す側の契約からなるビジネス的な融資のことになります。
横文字で書かれると何を説明しているのだろうと思いますが、
昔からキャッシングのサービスを提供しているのは実は銀行です。
銀行は預け入れしてくれている方のお金を、借入したいという方にお貸しして、
その分のレンタル料を利子として貰い、
預け入れしている人には還元するというような形で銀行へ預けてくれる人を増やしていきました。

しかし今現在は、キャッシングの形態も変わってきており、
以前と同じように銀行からのキャッシング(銀行融資)とは別に、
銀行のように預け入れできるサービスを持たない、ノンバンクという種類の会社が参入しました。
こちらがよく耳にするであろう消費者金融です。

ノンバンクのメリットは預け入れするという機能を持たせない代わりに、
他の方への融資が簡単になりました。


融資してもらっている相手(つまり借入している相手ですが)はそのノンバンクのキャッシング企業から直接契約の元で借入できているので、銀行などとは違いもともと預け入れしてくれている方に還元する必要はありません。



キャッシングは基本返済プランに沿って返すのが一番

なので企業側としては払う先がないので、借入したい相手に貸して、
返済時にレンタル料をもらうというビジネスが双方向にできるので形態として簡単な形になります。

借り手側にとってノンバンクへのメリットはもう一つ。審査が銀行よりも簡単です。
基本銀行は低金利で貸し出してくれる代わりに審査はとても難しいものになっていますが、
ノンバンクの企業では審査は銀行よりも簡単になっています。

その分、金利は銀行よりも高いというのは仕方のないことです。
今すぐ借りたい、借入したいという場合はノンバンクの銀行が一番ですが、
借入が簡単な分、返済などの細かい説明も銀行よりは少ないので自己管理をしっかりして利用してください。キャッシングは基本返済プランに沿って返すのが一番ですし、
返済方法もそれによって変わってくるかと思います。

キャッシング会社の種類一人ひとり、自分に良くあったキャッシングと返済プランを組んで、
便利なキャッシングのサービスを受けて充実した生活を送っていければ良いものです。
便利なサービスを利用する方法から学び、自分にあったキャッシングを。

ノンバンクとは預入機能を持ち合わせていない。
自己責任での融資になるため、サービスが柔軟。
ただし、金利は高めなのが一般的。

ココがポイント!

消費者金融は完全に会社のお金を使って、融資を行っております。だからこそ、若干金利は高いのですが、その分サービスは銀行よりも柔軟なところが多いです。イメージだけで銀行カードローンから借りる方はとても多いですが、きちんと比較する必要があるかもしれませんね。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る