とりあえずしのぐためにも

man20代男性

とりあえずしのぐために、ネットで申し込み この話は私は初めてキャッシングを利用した時の事です。

当時自身が勤めていた会社はリーマンショックの煽りを受けて非常に売れ行きも悪く、
営業成績を出せずにいました。
私は営業部の担当だったので勿論ですが、他の部署もそれは同じでした。

そこで会社が打ち立てたのはリストラです。
人件費こそ一番の出費であるのは誰もが分かっている事でしたが、
社員の三分の二をリストラすることに決めたという連絡が入ったのです。

リストラ対象に私の名前もありました。
リストラされるのは正直仕方がないと思ったものの、
これから先をどうしていいか悩み、当面の生活費の問題もありました。


私はリストラが決まって直ぐに、ハローワークへ赴き、雇用保険をかけていたので、
それに関しての何か補助のようなものはないかと説明を受けてきました。

一応、申請してからの流れと入ってくる金額などを計算してもらったのですが、
それでも生活資金が一カ月分入らないことが分かり、
仕方がないのでキャッシングを利用して何とか一カ月をしのいで、
後は何としてでも仕事につき返済しようと考えたのです。


キャッシングの申込はインターネットで行いました。



少し奮発する手助け

私自体もキャッシングを利用するのは初めてだったので、
どうやって借りたらいいのか、何が必要なのかなど全く分からなかったのですが、
そこのサイトには必要なこと、もの、全てがきちんと順序立てて説明してあったのと、
借入する金額に対して返済する期日・金利などが明確に記されていたので、
そこで審査を受けることに。

私の中のイメージではキャッシングというのは、
支払えないような金利を月々要求するようなイメージだったのですが、そんなことはなく。
今は借入してから30日間で返済すれば金利がかからないというサービスを提供しているところもありました。大体審査をお願いしてから30分から一時間程経って、
私が指定した口座に振り込みが完了したという連絡が来ました。


必要な分だけ借入した後、私は就職活動を行いながら返済し、
今は別の会社で働いています。あのときキャッシングで借入できなかったら、
今住んでいるアパートも追い出されていましたし、
本当に助かりました。
今は何とか利用しないでいますが、
今度は自分が何かを買ったりとかするときにでも少し奮発する手助けをしてもらえればと思っています。

緊急の生活費にキャッシングはぴったり!用途は問われません!
比較サイトを利用し、自分にぴったりの会社を見つけましょう!
ただし、あくまでも一時的な借り入れと割り切ることが重要です。

ココがポイント!

今の時代リストラも他人事ではないですし、このようなケースも他人事ではないでしょう。もちろん、日ごろから貯金しておくことが重要ですが、そうもいかない人は最低限の必要金額を借りるようにしましょう!また、時期はずれますが、失業保険もですはずなので、それを返済にあてるというのもありですね!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る