キャッシングの基本は少額です!

man30代男性

10万円 キャッシング利用の基本は、
何を置いても「必要な額だけを融資してもらうこと」です。
借入金額の上限まで借りてしまい、最終的に使い切って返せないでは、
あなたの信用情報に傷が付いてしまいます。

何故借りなければいけないか、いくら必要なのか、いつ返せるか
をきちんと整理してから、キャッシングの申し込みをしなければいけません。

今は、借入の返済シミュレーションが設置されている金融業者のWEBサイトがたくさんありますので、
申し込みの前にまずシミュレーションしてみるのもオススメです。

キャッシングを利用する人のうちほとんどは、
口座の残高が乏しいときの一時しのぎとして使うことが多いと思います。

これに気づく時というのは、必要なお金を引き落としたい時ですよね。
つまり、即日キャッシングが必要なときだと思います。

こういうときこそ、「必要な額」をしっかりと見極めることが大切なのです。
融資上限がたとえ50万円だとしても、必要なのが10万円ならその額だけ借りるようにします。



審査が厳しく時間のかかる銀行系キャッシングは避ける

なぜなら、即日キャッシングを希望する場合、実は少額の方が借入審査に通りやすいからです。
大金になればなるほど、その人の返済能力がどれだけしっかりしているのかが問われます。
収入がしっかりしているか、過去にキャッシングの利用や返済が滞っていることがないかなど、
審査は厳しくなります。
もちろん、会社への在籍確認なども電話できちんと行われます。

しかし、10万円程度であれば収入証明書や会社への在籍確認をせずに、
即日キャッシングしてくれる業者は少なくありません。


とにかく今借りたい!という人や、他の人にバレずに借入をしたい!という人には嬉しいですよね。

初めての借入で少額となると、どの業者も金利は高めに設定されますが、
それでも10万円であれば、たとえ金利17.8%でも1ヵ月以内の返済で利子は1,463円で済むのです。
50万円借りれば、1ヵ月以内に返しても利子だけで7,315円かかってしまいます。

借入したお金はもちろん日々利子がつきます。
必要以上に借りると、その部分にも金利が発生することを承知しておきましょう。

もちろん、即日キャッシングを利用する場合には、その日のうちに支払いしてもらえる条件を満たすことも大切です。

審査が厳しく時間のかかる銀行キャッシングは避けるようにする、
申し込み時間(即日キャッシングの場合、14時ごろに申し込み時間の制限を設けている場合が多い)などを
きちんと調べてから、申し込み手順を踏みましょう。

必要な金額以上は借入しない!
なぜ借入しなければならないのかを整理!
1か月以内で少額なら低金利!

ココがポイント!

キャッシングをする際にはいくら必要なのか、いつ返せるかをきちんと整理することです。それによって無利息期間が使えるか使えないかなど様々な検討ができます。そのため上記の2点はきちんと把握して返済計画を練ってから借入をする必要があります。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る