信用情報って何?

man40代男性

キャッシングというのは利用者側とキャッシングを提供してくれる企業(キャッシング業者)側との間で契約を交わして初めて利用できるサービスです。



その契約をする前に必ず確認されるのが借り手側である私達の情報です。
それを信用情報といい、審査に通過した人間にのみ与えられる「この人になら貸しだしても大丈夫」という信用がある情報になります。
この信用情報ですが、例えば前にキャッシングして不払いがあったり、
クレジットカードなどを利用したのにきちんと支払わなかったりなど、
返済する義務を果たせないと判断された人間にはこの信用情報というものは与えられなくなります。
この信用情報があってこそ、キャッシングのサービスを提供する会社は、
利用者側にキャッシングのサービスを利用するという許可をおろすことになります。
なので、この信用情報をきちんと得るためには、
自分の情報をきちんと最初の契約時にしっかり提示するのが大事です。


必ず借入した方は返済するという義務

信用情報とは、中身を解説。今はインターネットからの申込などができるようになり、審査も簡単にはなりました。
ですが、その分虚偽の申告などをしてしまって借入額を増やし返済に困ってしまうというケースも増えています。なので、キャッシングは自分で返済できる分を借入し、双方が困らないようにするのが一番です。

キャッシングのサービスは昔は銀行からの借り入れ以外は闇金というお金を持っている一般の方から高額の利子を払うことでお借りするということしかありませんでした。
その当時はキャッシングという言葉もなかったと思いますが、
今は銀行以外にこのサービスを提供してくれる業者が増えています

逆に企業と自分自身との契約になりますのでビジネス的な使い方をすることができますので、
親兄弟や友人に借りるより気軽に借りることができてしまうことも
また不払いなどに繋がっているのだろうと推測できますが、
何よりもビジネス的な付き合いということは必ず借入した方は返済するという義務を負います。

便利なサービスというのはサービスを受ける側と提供する側の双方が納得する形での契約になるので、
返済プランをきっちりと立てて便利なサービスを正しい形で利用していければと思っています。
気軽に、簡単に、という審査が軽くなった分、
利用者のモラルが問われている現代ですのでルールをきちんと守り、計画的な利用方法を実行していければキャッシングは生活を助けてくれる便利なサービスとして利用できます。

信用情報とは「この人になら貸しだしても大丈夫」という信用
キャッシングは親から借りるよりも簡単、だからこそ注意
返済プランをきっちりと立てて便利なサービスを正しい形で利用すること。

ココがポイント!

信用情報とは、これまでの返済履歴を元に、貸し出して大丈夫かどうかを判断するための情報です。ただし、信用情報が問題ないからといって、どんどん借りてしまうのは注意が必要です。感情が発生しないビジネスのやりとりのため、自制心をもち、借入を行いましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る