自己破産って何?デメリットは??

man30代男性

自己破産の実情とデメリット よくテレビドラマでやっていますよね。
消費者金融でお金を借りて返せなくなり、自己破産する。
この自己破産というのは日本国に生まれた人間で一回だけ使える借金を帳消しするという手段です。

しかし、この自己破産というのは借入した相手、自分の持ち物全てを失うことになります。

一応一回だけなら人生をやり直せるという言い回しかもしれませんが、
自己破産してしまうと例えばアパートやマンションの賃貸契約ができなかったり(小難しいところだとまず通りません)
クレジットカードが作れなかったりなど、自分の信用もまた一からやり直しになりますし、
どの理由であっても自己破産というのは実は人生から帳消しすることはできないのです。

消費者金融、つまりキャッシングを使っての自己破産の多くは、
自転車操業的に他のキャッシング会社から多額を借り、
返済もできないのに他の業者からも借りてその返済に充ててみたりと、
本末転倒なことを借入している利用者が行っているのが問題です。


金利はもともと説明されています

「金利が高いのが悪い」「返済方法が不明確なのが悪い」と言い訳をする方もいらっしゃいますが、
キャッシングの場合(今は特にそうですが)返済方法は最初から指定できますし、
金利はもともと説明されています。

それを知っている上で借入の審査を申請し、借入しているのは利用者なのです
では自己破産しない方法はあるのか、と聞かれれば分かりやすい方法があります。
それは借入した分をきちんと返済していくということです
今は過払い請求など、CM等で流れていますが、
例えばあれの場合もそうですがあくまで返済が終わっている方で長期に渡ってしまっていて
金利などの変動があり、もともとの返済プランと変わってしまっていないか。

金利が借入した分を超過していないかなどを調べた上で超過している場合や、
明らかに多く支払いすぎているという場合に借入したキャッシングの会社から
多く支払った分を返してもらえるということになります。

しかしそれにも費用がかかりますし、
何よりも自分が申込んだはずのサービスにクレームを入れるような行為になるわけなので、
二度と同じ会社からはキャッシングはできないと思った方がよいでしょう

キャッシングは上手に使えばとても便利なサービスです。計画的に使う、
ということを念頭に置き利用してもらえば難しいことはありませんので、利用されるときは必ず返済プランを立ててからの利用をお勧めします

自己破産はチャラになるわけではない。
自己破産したらもう借入は二度とできないと思うべき
借りたのは自分。それは認識しよう。

ココがポイント!

キャッシングで首が回らなくなって自己破産。これほど怖いことはありませんね。もちろん金利地獄だなどという方はいますが、最初に時点で同意しているわけです。怖い方は今一度返済計画を見直して借入を再検討しましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る