キャッシングのノウハウ

キャッシングで最も重要な事前知識そんな情報をこちらのページではご紹介しております。

絶対に知っておかなければならない情報をご紹介!

キャッシングの用語説明と分類

キャッシングの用語説明と分類

キャッシングという言葉について漠然と聞いたことがると言う方は多いことでしょう。
しかしキャッシングとは何かについて明確に説明することや、キャッシングとカードローンの違いを説明できる人は多くないでしょう。
まず初めに断言いたしますが、キャッシングとカードローンに違いは一切ございません。
単に、キャッシングという表現がグレーゾーン以降イメージが悪くなってしまい、
各社カードローンという表現に変えたにすぎません。
そのため、銀行が提供するカードローンも世間一般に言われているキャッシングも仕組みは一緒です。
ただし、銀行が提供する場合は貸金業者ではないため、該当となる法令が厳しくなく、限度額などが大きく出やすいというメリットがあります。

会社選びの4つのポイント

会社選びの4つのポイント

キャッシングは会社選びに失敗すると、大変なことになります。金利で困ることは当然、怖い人に囲まれることも、、、、、
キャッシングに申し込みをしてお金を借りたいとと思ったならどうすべきですか? 
 まず借入をする金融機関を決める必要があります。キャッシングサービスを行っている会社は多数ありますので、その中から自分にあったキャッシングサービス会社を決めてゆく必要があるわけです。
そのためには自分がどれほど借りたいのか、返済の方法はどうするのか、をまず考えましょう。
お金が必要と思うのでキャッシングを受けるわけですが、借りることだけでなく、
返済方法や目処をあらかじめ立てておくことも、キャッシングの基本といえます。

自分の状況を把握したならば、次に考えるべきなのはキャッシング会社の選択です。

次の点を考えてキャッシング会社を絞り込んでゆくことが出来るでしょう。

■金利はどのくらいか?
■返済方法はどうなっているか?
■どんなサービスがあるのか?
■安心できる会社だろうか?


最初にあげた「金利」は、元金と共に返済する利息を決めるものですから重要な要素です。
大抵のキャッシング会社では4%前後~20%程度の金利設定をしています。
初回の借入の場合は上限金利が適用されると考える方がよいでしょう。
返済方法についても考えておくのが賢明です。コンビニなど便利な場所での返済できますか?
振込みに手数料がかかりますか?しっかりと把握しておかないならば、
毎月の返済の際に苦労することになりかねません。
キャッシング会社はそれぞれ様々なサービスを打ち出しています。
一定期間利息無料サービスはその一つですが、各社によって期間や方法に違いがありますので、
自分に合わせたサービスを展開している会社を選ぶなら、お得に借入をすることが出来るでしょう。
最後に安心できるかどうかも大切な要素です。
なぜなら悪質な業者がいることも否定できない事実だからです。
初めての借入であるならば、比較的大手のキャッシング会社の中から、
上記の条件に見合ったキャッシング会社を選ぶのが無難であるといえるでしょう。
そのようにしてキャッシング会社を選んだなら、いよいよ申し込みをすることになります。

インターネットによる申し込みのメリット

インターネットによる申し込みのメリット

キャッシング会社は選び終わった!でもどうやって申し込めばよいの?そんな人は迷わずこちらを、ご覧ください。
キャッシングの申し込み方法として、最近多くなってきているのがインターネットを通した申し込み方法です。
インターネットでのキャッシング申し込みのメリットは何でしょうか?
メリットの一つは自宅や自分の好きな場所で申し込みが出来るという点でしょう。
ですから、近くにキャッシング会社のお店や無人契約機がないという方にとって便利です。
それに加えて、キャッシングしていることを誰かに見られたくないという方にとっても助かるものです。
また、仕事などでキャッシング会社の営業時間中にいけないという人にとっても便利なサービスです。
メリットの別の点は、ネット上で簡易審査を受けたり、返済シミュレーションを行えるという点です。

キャッシングを申し込む方にとって気になる一つの点は、審査に通るかどうかという点でしょう。
大手キャッシング会社のネットサイトでは、「10秒で審査結果をお知らせ」というような形で簡易審査の宣伝がなされています。これは匿名で行えますので結果を心配せずに試して見れるというのが良い点です。

もちろん本審査は申し込みに伴って行われますので、必ずしも簡易審査の結果どおりにいくわけではないこともあります。

この簡易審査からそのまま申し込みも出来ますので便利であるといえます。
返済シミュレーションは、自分が希望する金額を借りた場合にどれほどの返済になるのかをシミュレーションしてくれるものです。
毎月支払ってゆくべき金額や期間がわかるので、
契約前に返済計画をしっかり立てることができますので、計画的な返済に役立ちます。
インターネット契約が増えてきた背景には、スピーディーな融資が可能になったという点もあります。
キャッシング会社によっては、即日審査・即日融資が可能というキャッシング会社もあります。
返済も含めてすべてインターネットで完結する契約もありますので、
どこにも行かずにすべてを済ませることも可能です。
インターネットで申し込みをしても、必要な書類や審査は基本的に同じものと考えることができるでしょう。

無利息サービスの比較

無利息サービスの比較

キャッシング会社はそれぞれ独自のサービスを展開しています。そのなかで最近定番となってきておりお得なサービスの一つが「一定期間無利息サービス」です。
一定期間無利息サービスとは何でしょうか?
その名の通り、借り入れ後一定の期間は利息が無料になるサービスです。
ですからこのサービスがあるキャッシング会社に申し込み借り入れをした後、
サービス期間内に借り入れを完済するならば、元金だけを返せばよいわけです。
例えば、ボーナスの前の時期や給料日前に借り入れをして、
ボーナスや給料が入ったならすぐに返すなど、
返済の目処が既に立っている人にとっては大きなメリットのあるサービスです。
そのような借り入れのスタイルであれば、借金を抱えることもありませんので利用価値の高いサービスといえます。

この便利な無利息サービスにも各社それぞれの特徴があります。


例えば、多くの会社で実施されている無利息サービスは、
初回の借り入れ限定で7日間無利息のサービスというものです。
給料日前など返済の目処がある人にとって良いサービスといえるでしょう。


他の無利息サービスの例としては、初回借り入れ限定で30日間無利息サービスを打ち出しているキャッシング会社もあります。無利息期間が長いので長期にわたる借り入れをする際にも助かります。
この期間内に元金を少しでも多く減らしておくならばトータルでの返済金額をかなり減らすことが出来るでしょう。

キャッシング会社によっては、無利息サービスを選べるところもあります。
自分の借り入れ状況によって選択することが出来るので、
返済シミュレーションをして自分にあったサービスを考えることが出来るでしょう。


大抵のキャッシング会社は「初回限定」での無利息サービスを打ち出していますが、
借り入れ完済後であれば何度でも無利息サービスを受けられるというキャッシングサービスもあります。
また独自のポイントサービスで、ポイントを貯めれば無利息サービスを何度でも受けられるというキャッシング会社もあります。
やはり長期の返済になる場合にはこうしたキャッシングサービスを受けることもオトクな方法です。

幾つかの返済方式の比較

幾つかの返済方式の比較

キャッシング会社が行っているサービスは、一定期間無利息サービスだけではありません。
他にも行っているサービスがありますので、それらのサービスについても知っておくならば賢くキャッシング会社を選ぶことが出来るでしょう。
まず、キャッシング会社が行っているサービスの一つは契約特典です。
これは各社それぞれによって異なります。
例えばあるキャッシング会社は、初回の借り入れに限り低金利を適用するというサービスを展開しています。
このサービスを活用すれば、一定期間無利息サービスと同じように払うべき利息を大幅に減らすことが出来ますのでオトクなサービスといえます。

別のキャッシング会社では、契約特典として商品券をプレゼントしてくれるというサービスがあります。
この場合商品券を換金すれば現金になるわけですから、
これを返済に充てるあるいは借り入れ金額を減らすために商品券を用いるという方法もとれます。
キャッシング会社が展開しているサービスの別のものは、独自のポイントサービスです。
あるキャッシング会社では無料でこのポイントサービスに加入することが出来ます。
そして契約に伴ってポイントが付与されたり、収入証明書の提示でポイント付与、
メールチェックでポイント付与などが受けられます。こうしたポイントを貯めることで、
一定期間利息無料や振込み手数料無料などのサービスを受けることが出来るのです。

返済が長期にわたるようならばこうしたポイントサービスを考慮するのもオトクな方法です。
キャッシング会社のサービスの別の面として、レディースキャッシングがあります。
キャッシングを受ける人の6割~7割は男性といわれています。
なかなかキャッシングを申し込みにいったりATMも利用しにくいと感じている女性も多いようです。
レディースキャッシングはその名の通り女性専用の女性に配慮をしたキャッシングサービスです。
対応するスタッフも女性だけという会社もありますので、
借り入れや申し込みの相談などしやすいというメリットがあるでしょう。
女性の皆さんはそうしたサービスを行うキャッシング会社を探すことも出来るでしょう。

利用限度額の概要説明

利用限度額の概要説明

利用限度額とは何でしょうか?それは、融資できる限度の金額のことです。
キャッシング会社は最大融資額500万円などと融資限度額について宣伝しています。
そしてキャッシングを申し込む時には申し込みをした人も融資希望額を伝えることになります。
しかしすべてのケースで自分の希望する金額の借入が出来るわけではないでしょうし、
キャッシング会社の定める融資最大限度額まで借入が出来るわけでもないでしょう。
なぜでしょうか? 利用限度額はキャッシング会社の審査によって決まるからです。
キャッシング会社は、審査の際に申し込みをした人の申告に基づいて調査をしますが、
申し込んだ人の職業や住居、他のキャッシング会社からの借入状況や返済状況から、
その人の返済能力を見定めます。その結果として融資できる金額つまり利用限度額が決まるのです。
キャッシングに申し込むのが初めての方の場合、
多くても30万~50万円程度が利用限度額となることが多いでしょう。
一度決まったキャッシングの利用限度額はその後も変わらないのでしょうか?
そうではありません。 借り入れ後、滞りなく毎月の返済を続けてゆくならば、
利用限度額を上げることをキャッシング会社から勧められるでしょう。
最初の借り入れをしてから半年以上きちんと返済していると、
利用限度額の引き上げについてキャッシング会社から問い合わせがあることが多くあるようです。
30万円の利用限度額から50万円へ、あるいは50万円から70万円へという形で、
少しずつ利用限度額は引き上げられていくと考えることが出来ます。

総量規制の概要説明

総量規制の概要説明

総量規制とは何でしょうか?
これは貸金業法という消費者金融などの貸金業者の業務に関する法律に基づくものです。
簡単に説明すると、消費者金融などの貸金業者は、借り手の年収の3分の一までしかお金を貸し出してはならないというものです。

つまり年収(給料とボーナスなど)の合計が300万円ある人が借り入れできる金額は、
100万円までということになります。 「総量規制」という名前からも分かるとおり、
総量規制に関する法律では、一つの会社から年収の3分の一の金額を借り入れできるというのではなく、
複数のキャッシング会社からの借入総額が年収の3分の一を超えてはならないと規定されています。

ですから、キャッシング会社は新たな申し込みを受け付ける際に、
信用情報に照らし合わせてその人の借入状況を確かめます。
そしてその人の収入と照らし合わせて、借入が年収の3分の一を超えていないかどうか、
さらなる貸付が可能かどうかを判断する必要があるわけです。

総量規制には、除外規定と例外規定もありますので、必ずしもすべての人がすべてのケースで、
年収の3分の一を超える借入が出来ないわけではありません。
例えば、おまとめローンや借り換えなどのように、
借り手が一方的に有利になる借入の場合は例外規定として認められています。

除外規定としては、住宅ローンや自動車購入時の自動車担保貸付などの担保貸付は除外規定として扱われますので、総量規制の対象となる貸付残高としては計算されないことになっています。

貸金業法の改正点

貸金業法の改正点

キャッシングに関わる法律としては、貸金業者の行う業務について定めた貸金業法をあげることが出来るでしょう。
貸金業法は、平成22年から改正された貸金業法が完全施行されるようになりました。
ここでは主に改正された貸金業法について考えましょう。
従来の法律では、上限金利について曖昧な部分が残されていました。
出資法に基づく上限金利は29.2%、利息制限法に基づく上限金利は20~15%となっていたのです。
この20%から29.2%までの間の金利をグレーゾーン金利と呼んでいました。
キャッシングをする際にキャッシング業者は、出資法に基づく29.2%という高い金利を課していたのです。
しかし改正によって上限金利は貸付金額に応じて20%~15%と明確にされました。
貸付金額が10万円までの場合は上限金利は20%、10万円~100万円までの上限金利は18%、
100万円以上の貸付の場合は15%までの金利と定められています。
ですからこれを超える金利を打ち出しているキャッシング業者は違法な業者ということになりますので注意が必要です。

また改正された貸金業法によって、総量規制という借入総額を規制する法律も出来ました。
原則として収入等の3分の一までしか借入は出来ないことになりました。
ですから、「収入証明もなしに幾らでも貸します」というキャッシング業者も極めて危険で悪質な業者として注意しなければなりません。
もう一つの改正点としては、信用情報機関についてです。
総理大臣の認可の元に指定信用情報機関が設立されました。
個人情報を適切に保護しつつ、貸金業者が必要とする借り手の借入状況などを把握できる仕組みとなっています。
ですから、借り手は他社からの借入状況についてウソの情報を述べたとしてもすぐに発覚することになります。申し込みの際にはきちんと情報を伝えましょう。

信用情報機関についての概要

信用情報機関についての概要

キャッシングの申し込みを行うと審査が行われることは既にご存知のことでしょう。
この審査の際にキャッシング会社が必ず問い合わせを行うのが、信用情報機関です。
信用情報機関とは何でしょうか?

これは貸金業法というキャッシングに関わる法律の下に、
一定の要件を満たすことを条件に総理大臣により指名される機関のことです。
この信用情報機関は、個人情報を扱うためにしっかりとした管理が求められています。
それに加えて過剰な貸付や多重債務を防ぐ点での役割が求められています。
すべてのキャッシング会社は、いずれかの信用情報機関に加入しなければなりません。

現在指定を受けている信用情報機関は、(株)日本信用情報機構と(株)シーアイシーの二つの会社が認可を受けています。キャッシング会社はどちらかに加入しておりそこから必要な情報を得ているわけです。


信用情報機関が有している情報には何が含まれれるでしょうか?
クレジットやキャッシングを利用した際の、
「契約情報」、「返済や支払い状況」、「利用残高」、「トラブルの有無」などと考えることが出来るでしょう。
契約情報には本人を特定するための住所や電話番号、勤務先や提出した本人確認書類の情報などが含まれます。こうした個人情報はもちろん厳重に扱われると考えることが出来ます。
情報は5年ほど保存されるようです。ですから他社からの借入情報などを偽って述べることがないように注意しましょう。
それは自分の信用情報にさらに傷をつけることになり契約を難しくするからです。

返済遅延で生じることと事前にすべきこと

信用情報機関についての概要

キャッシング会社と契約をおこない融資を受けると、返済を行っていかなければならないのは当然のことです。
毎月元金に利子を付加させた形で返金してゆきますが、万が一返済が出来ない場合にはどうなってしまうのでしょうか?
信用情報機関とは何でしょうか?
当然のことですが、督促されます。通常キャッシング会社から確認の電話が入ることでしょう。
その際にはきちんと自分の状況を伝えなければなりません。
規定の日数を過ぎても返済がなされない場合には、
返済金額に遅延に伴う金額つまり遅延損害金が上乗せされることになりますので注意が必要です。
もちろんそのようなことがないように十分計画を立てて借入を行わなければなりませんが、
「突発的な状況が生じてどうしても返済が遅れそうだ」となったならばどうすべきでしょうか?
決して行うべきでないのは、そのまま放置することと借金で借金を返済することです。
そのまま放置することは論外ですが、借金を借金で返すという考え方も破滅に至る道を歩むことになります。
それは利息が利息を生むこととなり元金の返済を難しくするだけです。
そのような状況になった時にまずすべきことは、キャッシング会社にすぐに相談することです。
きちんと事前に相談をしておくならばキャッシング会社も相談に乗ってくれ、実際的な対策を講じてくれます。
ある場合には、その月は利息分だけの返済にしてくれるということもあるでしょう。
キャッシングは借入することに目がいきますが、
返すまでの計画を立てていないならば長く苦しむことになりかねません。
十分に考慮して借入を行うようにおすすめします。

レディースキャッシングとは

レディースキャッシングとは

キャッシングをする人の6割~7割は男性であるとされています。
しかし女性であってもキャッシングを考える時があるのは当然でしょう。
「夫に内緒でお金を借りたい」とか「どうしても冠婚葬祭などで急に必要だ」ということもあるでしょう。
そのような場合には女性向けキャッシングを考えてみるのも一つの方法です。
女性向けキャッシングは女性に特化したサービスを行うキャッシングのことです。
レディースキャッシングという名称でなされているものもあります。
そのサービスとしては、応対や相談窓口がすべて女性がしてくれるというものがあります。

男性には少し話したくないキャッシングの相談も同じ女性同士ですと行いやすいものです。
また店頭や窓口まで出かけなくて良いというサービスもあります。
人の目がどうしても気になるものです。
キャッシングをしているところを誰かに見られたくないと考える女性も多いことでしょう。
レディースキャッシングでは、郵送などで店頭に出向かずに済むように配慮されているところもあります。 またレディースキャッシングのサービスの一つとして、通常のサービスよりも良いケースもあります。
例えば女性向けキャッシングの場合のみ無利息サービス期間が長いというキャッシング会社もあるようです。
女性の方は一つの方法として女性向けのキャッシングサービスを検討してみるのもよいかもしれません。

悪質な業者とは何か?

悪質な業者とは何か?

実際にそうしたことが原因でニュース報道に取り上げられたことがあるのも事実です。
しかし法律の改正や行政の監視強化によってキャッシング業界が変化してきているのも確かです。
とはいえ依然として違法な業者が存在するのも残念ながら事実です。
ではどのように違法な業者、いわゆるヤミ金や闇金融と呼ばれる業者を見分けることが出来るでしょうか?
一つの方法は登録業者かどうかを確かめることです。
キャッシング業者は法律によって金融庁に届出を出し認可を受けている必要があります。
ですから「金融庁登録貸金業者情報検索ページ」で検索することで正規の業者かどうかを見分けることが出来ます。

悪徳業者の中には登録番号等を詐称している業者も少なくありませんので、
登録番号が表示されているからといって信頼するのではなく自分で調べることも大切です。
悪徳業者の別の用いる方法としては、大手企業あるいは大手キャッシング会社のグループ企業であるかのように装うことです。
ロゴマークを似たものにしていたり、企業名を出して詐称していることもあります。
大手企業のグループ会社のようだから安心と考えることが無いようにしなければなりません。
他にも甘い宣伝文句で誘うものも多くあります。
利率を実質年率で表記するのではなく「一日あたり○○」などと表記してあったり、
下限利率のみを表示しているなども悪徳業者の宣伝です。
審査の甘さを強調する言葉も注意が必要です。複数社から既に借り入れている人にとっては、
さらにお金を貸し出してくれるキャッシング会社を探すことは大変でしょうが、
決してこうした悪質な業者に頼ることが無いようにしましょう。
キャッシングは十分に確かめて慎重に検討しなければなりません。
法テラスや弁護士の無料相談などを活用して返済を考慮する方が賢い道です。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る