キャッシング審査って何をするの?


キャッシングでお金を借りたい!そんな方が最初に心配することは、
自分が審査が通るのかな?っていうことですよね?
今回はそんな皆様の悩みにお答えして、
FPであり、専門家としてご活躍中のノーリエ合同会社 代表社員 村井一則様に、
審査で見られるポイントを詳細まで解説していただきました!

村井一則ノーリエ合同会社
代表社員 村井一則

キャッシングを学ぶ

金欠 社会人になると他人との付き合いが多くなり、
「予想もしない出費」が出るのはよくある話です。


あなたは、給料日寸前の急な出費で、簡単に融資してもらえる
「高金利の融資に手を出してしまった。」そのような経験はしたことはないだろうか?



意外と思うかもしれないが真面目で几帳面な人ほど、
安易な借入が原因で『借金で火の車』に陥ってしまった人は少なくないのです。



お金が突然必要になることは誰にでも起こるイベント「出来事」ですが、真面目で借金に無縁な人は、
キャッシングの知識が乏しいばかりに、金利が高い悪徳業者に借りしてしまったケースもよくある話です。


キャッシングについて知らないばかりに失敗することも!

親・学校の先生から「借金する人やギャンブルする人はダメな人」と言い聞かされていた人は、
カードローンやキャッシングには抵抗が強い方も多いのではないでしょうか?


私自身も親から 耳からタコができるぐらい「借金・ギャンブル・株式投資 には手を出すな!」
と強く言い聞かされていた口です。

しかし、私は言いつけを守ることが出来ませんでした。

失敗の原因は、借金の意味を理解せずに大人になったことで、
過去に100万円以上の借金を背負ってしまった苦い経験をしてしまったのです。


当時20歳で月給10万円程度の私が年収に匹敵する負債を抱えた時は、どうしたらよいかわからず、
返済から逃げてしまったのです。


今思えば、借金のメリットとデメリットを学んでいれば、100万円の負債を背負うことはなかったかもしれません。


ファイナンシャルプランナーとなった今!
私の元には、「家族に知られないで借入できるの?」「カード発行可能ですか?」
と色々な質問が寄せられていますが、相談に応じられている背景として、
100万円以上の『借金』を払う失敗があればこそなのです。

キャッシングの審査で注目されるチェックポイント!

審査基準は、各カード会社によって異なりますが、キャッシングは厳しくなるのは事実です。
厳しく査定する理由は、借金を踏み倒されるリスクを最小限に抑えたい発行会社の意図があるからなのです。


言い換えれば、職歴や年終などの属性に不安な方は、キャッシング枠の設定はしない方が、
カード発行に応じてもらえる確率は高いとも言えるでしょう。

そこで、キャッシング審査で注目してもらいたいポイントをまとめてみました。

1番の注目は収入です。

収入と聞くと給料が低いから悲観的になる人がおりますが、
給料額よりも「月々安定した収入が定期的に得られているか」を見ています。


パート、アルバイト、派遣社員の低所得者でも定期収入があれば、
審査のテーブルに乗るのです。(※但し、勤続年数1年未満の場合はこの限りではありません。)

2番目としては住居年数及び住居環境によるもの

「住所環境」はチェックポイントとして評価が高いものです。


一番評価が高いのは「持ち家」があること。(担保価値) その理由は、万が一、支払い不能になっても自宅を売却してしまえば債務を回収することができるからです。

では、賃貸の場合はどうでしようか?

賃貸で見るポイントは、債務を返済するための能力です。 (経済力を見る)


何年も同じ場所に住み続けられるということは、それなりの経済力がなければできないことなので、
安定的に収入を得ていることを証明することになるのです。



月々の家賃を払う能力=返済能力とうことです。 融資の目安としては3~5年程度の居住年数を基準としているようです。

3番目に家族構成

何の関係があるの?と思われるかも知れませが、単身と世帯持ちでは資金回収のリスクが違ってくるのです。

単身者の場合、居留守や雲隠れなどで債権を回収できない可能性が高いのですが、
家族世帯・同居型の2世帯住宅であれば「請求すれば奥様・親・祖父母から債務を弁済」してくれる可能性があることから単身世帯よりは評価が高くなります。

4番目に借り入れ状況が正しく書くこと。

審査の承認が下りないケースとして返済能力の限界か虚偽の申告です。


借入希望者の多くは融資目的なので、「借入先の情報」にはなるべく無記名で済ませたいだろうが、自己申告できない「債務を把握していない者」にカードを発行や融資はしない。


審査の基準は各社の判断になりますが、審査落ちの理由は、借金の管理ができない「多重債務状態」に陥ってしまっていることです。


自分の債務が正確に把握で人に融資は出来ないということです。 (信頼性を見る)

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る