専業主婦のキャッシングで夫にばれることってあるの?

急にお金が必要な時ありますよね。親や親戚などに借りれたら良いんですが、借りられない方はキャッシングをしようと考えます。ただ、「夫には内緒で借りたい方 」も中にはいらっしゃると思います。

大手消費者金融では、総量規制により収入の無い専業主婦では借り入れが難しくなりました。例外として、配偶者貸付として夫の同意があれば借り入れが可能となっています。でも、それでは夫にバレてしまいます。中小の貸金業者であれば、夫の同意書無しに借り入れ出来る所もあるようです。

そこで、銀行のキャッシングであれば申し込み時に夫の同意書や収入証明書が必要ありませんので、夫にはバレないと思います。在籍確認の電話などもありません。ただし、夫の収入が安定している事が条件になってきます。

郵便物が家に届くとか自宅に電話が掛かってくるとかそこも気になるところですよね。キャッシングをする銀行によって違うのですが郵便物を自宅に届かないようにする事も可能ですし、申し込み時に自宅の電話番号を書かなければ自宅には掛かってきません。

返済に振込や口座振替やインターネットを利用してしまうと通帳に残ります。夫が通帳を見ることがあればバレてしまいます。返済の時はATMを利用してバレないようにしましょう。


家に郵送物って届かないようにできないの?

ご自宅に郵送物を届かないようにする方法は実に簡単なことです。契約書などの書類が送られてくること自体は避けられませんが、その受取先をご自宅以外にすればいいだけの話なのです。
日本郵便を利用するならば、各郵便局に留め置いてもらうようあらかじめ申込んでおけば良いだけの話ですし他の各種郵送サービスならばその企業の営業所やコンビニなどで受け取るようにすれば良いのです。

自宅まで郵送物を届けてもらうことが当たり前になっている方では意外と盲点な考え方かもしれませんが、自宅以外で郵送物を受け取るというのは決して珍しいことではないのです。特にキャッシングのようなご家族に知られたく内容のものを扱っている企業ではごく当たり前に利用されているサービスだと言えるでしょう。


ただし、何も言わなければそのままご自宅に届いてしまうので申込むときにあらかじめ希望を伝えておくことは必要不可欠です。
企業によっては相手側から郵送物の届け先の希望を聞いてくることもあるかもしれませんが、聞かれなかった場合は必ず自分から申込むようにしましょう。少しの手続きで、自宅に関係書類が届いて家族にばれてしまうようなリスクを避けられるならば当然しておくべきですよね。


延滞した場合は家にも連絡きたりする?

借り入れしている場合は、返済がついてきます。毎月必ず返済日はやってきます。借り入れした時はちゃんと返そうと心で決めていても、思わぬ出費やお金を使いすぎたりと完済までの道のりは険しいです。

返済日までに支払い忘れていたり、支払えない場合があったらどうなるのか調べてみました。今はちゃんと返している方も前もって知っておけば対処出来ると思います。

消費者金融であれば借り入れた消費者金融から、銀行であれば保証会社からまずハガキで返済確認が取れなかった事と、返済のお願いが来ます。それでも返済ができなかった場合は電話がかかってきます。まず大手消費者や銀行であれば、通常怖い口調で話したりしません。

消費者金融では法律に則り督促しなければ営業停止になる場合があります。まぁ、もちろん返済して欲しいから電話をしてくるのですが、どうゆう状況なのか確認もあり電話を掛けています。

支払いが滞って気まずいのは分かりますが、放っておいても何の解決にもなりません。ましてや、延滞金が増えていくだけです。

返済日までに返済が出来ないなと思ったら、迷わず連絡をして下さい。返済日過ぎて支払えるようであれば延滞金を確認して、ちきんと返せる日を伝えましょう。もし、返せない場合は正直に伝えましょう。事情によっては返済期日の変更が出来る場合もあります。


踏み倒したら夫にも責任がかかるの?

あくまでキャッシングとは利用者の方と各種金融機関との間でのみ契約が成立しているものです。なので万が一にも貴方が踏み倒そうとしたところで、旦那さんやご家族が代わりに支払わなくてはならないという決まりはありません。

ドラマなどで家族の借金の返済に悩まされている方のシーンなどが出てくることがありますが、現実には利用者以外は例え家族であったとしても支払う必要はないのです。ですので、もしも借金を滞納した際にご家族に返済するよう求める連絡があった場合は反対に相手を訴えることも可能です。

ただし、例外はあります。旦那さんやご家族の方を保証人にしていた場合です。この場合は貴方が支払えない場合に保証人である旦那さんやご家族の方に返済の義務が発生します。

もっとも現在の一般的なキャッシングならば保証人が必要となるようなケースは稀ですのでこのことに関しては心配の必要はほとんどないでしょう。

しかし、「だからご安心ください」なんて言えるはずもありません。万が一にも借金を踏み倒そうとした場合、旦那さんやご家族の方には責任はかかりませんが間違いなく迷惑はかかります。

借金の存在がばれるというのはまだ軽いもので、財産の差し押さえなどが起きてしまう可能性があります。そうなればどうなるのかは言うまでもないですよね。借金の踏み倒しなど考えるくらいならば最初から利用しない方が身のためです。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る