そもそも、なんで専業主婦って貸してくれない会社が多いの?

専業主婦でも借りれる会社はたくさんあります。中でも女性専用のキャッシングを提供している会社もありますので有意義に契約することが出来ます。使いやすいキャッシングで同時に利用しやすい環境で女性専用のフリーコールも存在します。女性でも「ガッツリ」借入することができる時代が来ました。パート等で安定した収入がある主婦なら借りられるのは大手のキャッシング。プロミス、アコム等があります。十分に使いやすいキャッシングを整えている大手のキャッシングは安心です。

そもそも、なんで専業主婦って貸してくれない会社が多いのか、女性は男性よりも稼ぎが少ない方が多くパートタイムでの利用を行っている方もいます。利用者の中には定収入の女性もいますので、貸付の際には金額を制御して融資を行っている会社があるから女性が借入しにくいイメージがあります。しかし利用者の好きなタイミングでしっかりコツを掴んでい利用していくことが出来ます。
借り入れを希望している方は専業主婦の方、パートの方学生の方でも申し込みが可能で、いつでもお金の融資を行うことが出来ますので、比較的に簡単に融資を行うことが出来、かなり素早く現金を手に入れることが出来ますので多くの方が利用しているのが


横浜銀行なら専業主婦でも借入って可能なの?

もちろん専業主婦の方でも横浜銀行でキャッシングを利用することは可能です。まず、横浜銀行のカードローンを利用するためには「ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、横浜銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方」という規定をクリアしている必要があります。
この規定の中で専業主婦の方が不安になるかもしれないのは「安定した収入があり」という部分であるかと思います。しかしながら、これは総量規制のそれとは違って旦那さんの収入でも問題ないので心配する必要はありません。
とはいえ流石に普通のサラリーマンの方のように利用出来るかと言えばそうでもありません。旦那さんに内緒でキャッシング出来るのはおそらく30万円程度が限度だと思います。これは横浜銀行側も旦那さんに内緒でキャッシングをしているということを承知で貸し出すので専業主婦の方が自分の範囲で返済できる程度のお金しか貸し出すことは出来ないのです。
もちろん旦那さんの同意があるならばその限りではありません。その場合は実質的に旦那さんご自身がキャッシングしているのと大差ないわけですから。いずれにせよ専業主婦の方でも横浜銀行でキャッシングが可能である、これは間違いありません。


専業主婦ってみんな借入しているの??

専業主婦の方がみんな借り入れしているとはか限りません。
でも、借り入れしている方は実際多いと思います。
私も、その中の一人です。

専業主婦で借り入れできるところは限られていますが、だからこそありがたく思いますよね。
旦那さんがちゃんと働いている方なら、だいたい借り入れできるところはあるようです。

私は、ダメ元で申し込みをしてみました。
旦那の年収と職種と勤続年数を聞かれて、すぐに審査が通りました。
詳しい会社名や、電話番号などは何も聞かれませんでした。
なので、旦那にはバレずに借り入れることができました。

専業主婦で借り入れしている方は、ほとんどが旦那さんには内緒で借り入れているのではないでしょうか?
そうでなければ、仕事をしてる旦那さん名義で借り入れしますよね?

だいたい、専業主婦でも借り入れできるのは銀行系が多いのではないかと思います。
総量規制がないですから、色々と便利なんです。
だから、専業主婦でも平気なのかもしれませんね。
私のときは『専業主婦は30万円まで』と決められていました。
それでも、門前払い的な対応がほとんどだったのですごくありがたかったです。

もちろん、旦那にもバレずに借り入れでき無事に返済もできました。
銀行系の、できれば地方銀行ではないところなら専業主婦でも可能なところもあるので、インターネットなどで探してみると意外と出て来ますよ。


生活費のために借りることって可能?

最近では、専業主婦のキャッシングも増えてきているようです。子供の学費であったり、生活費のためだったりで借り入れしている方もいるようですね。

キャッシングの新規申し込み時に利用用途を聞かれたりする事はほとんどないです。申し込み記入欄にもありません。

もし聞かれるとしたなら本人確認のために利用目的を聞く位です。ただし自動車ローンや住宅ローンなど目的が決まっているローンでは目的以外の使用は出来ませんが、キャッシングは「フリーローン」ですので利用目的は事業目的以外でしたら自由となります。

だからと言ってもし聞かれてどんな答えでも貸してくれる訳ではありません。他のキャッシングの返済やパチンコなどのギャンブルでのキャッシング利用目的ですともちろん審査には通りません。

消費者金融や銀行のキャッシングのホームページを見てみると、「用途は生活費でも可能です」と明記されているところもあります。生活費と言っても、「食費が足りない」「入院するための費用」「旅行に行く」などさまざまあります。

ただ、「生活費が苦しいから借りるなど正直に言ったら審査が通りにくいんじゃないか?」と思われる方もいらっしゃる様ですが、「生活費の足し」や「急な出費」、「旅行の費用」であっても審査にはあまり影響ありません。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る