専業主婦ってキャッシングは可能?

2010年に改正された「総量規制」により「年収の3分の1以上の金額を貸し出してはいけない」と決められています。これは貸金業法とゆう法律ですので、貸金業者に適応します。

その為、主婦のキャッシング事情も大きく変わりました。収入がない主婦への融資は不可となり、これに基づき、本人に収入のない方での申し込みは断られるようになりました。しかし、これでは専業主婦には辛いですよね。そこで設けられたのが「配偶者貸付」です。

「配偶者貸付」とは、「収入の無い主婦でも配偶者と合わせて年収の3分の1以下までなら借り入れ出来る」とゆうものです。夫の年収が600万であれば200万円まで借りることができます。自分に収入がなくても夫に収入あれば借りられるので専業主婦には助かりますね。

配偶者貸付を受けるために必須条件なのが、夫婦であること。夫に安定した収入があることです。それ以外にも、夫婦であることを証明する書類(住民票など)、夫の同意書、収入が証明できるものが必要になってきます。

これらは、大手消費者金融では取り扱っていませんが中小の消費者金融では取り扱いがあるところもあります。しかし、夫に全く同意が得られない場合は銀行のキャッシングをオススメします。


やっぱり夫にばれたりするの?

子供の学費やローン、それ以外にも必要なものは沢山あります。毎日家計をやりくりしている専業主婦には自由に使えるお金なんて限られています。

どうしても欲しいもの、支払いなど家計からではどうしようもない時にキャッシングとゆう選択肢があります。でも専業主婦だから、、。と悩んでいる方へお答えします。

2010年の貸金業法の改正により、消費者金融でのキャッシングは「二十歳以上で安定した収入がある方」が条件となってきます。と、ゆうことは無収入の専業主婦では借り入れが難しいとゆうことになります。では、専業主婦の方は消費者金融から借り入れできないのか?とゆう疑問が沸き上がります。

それは、例外として「配偶者貸付」とゆうのがありますので、夫に安定した収入がある方ならば年収の3分の1までは借り入れ可能とゆうことです。ただし、この場合は在籍確認の電話や夫の同意書や収入証明書が必要になりますので、まぁバレますよね。

では、夫にバレたくないって方はどうすれば良いかと言うと「銀行のキャッシング」なら可能です。旦那さんの同意書や収入証明などの書類が必要ありません。

総量規制は貸金業者への法律になりますので、銀行では適応されません。なので申し込みが可能となる訳です。


実際の限度額と金利はいくらくらい?

私が借り入れたときのお話ですが…

完全に専業主婦な私でしたが、旦那が仕事をしていたことと安定した家庭の収入があるということで、限度額は30万円だと設定されました。
専業主婦が借り入れできるのは、そもそも旦那さんが働いててひとつの家庭と見て収入があるからなんですよ。

キャッシング会社によって、限度額や利息が違うと思うのでなんとも言えませんが。
私が借り入れしたところは5%未満~だったと思います。
30万円の借り入れだったら、金利もそこまで大きくなかったような気がします。

そのあと私は仕事を始め、限度額はどんどん上がりましたが、専業主婦でも30万円も借り入れできるなんてすごいしありがたいですよね!
困っているからお金を借りるわけなので、例え30万円でもなければ困るのですから。

専業主婦だからと言って諦めていて、半年くらい苦しいやりくりの生活をしていました。
親や兄弟に借りるにも限界で、途方に暮れていたときの朗報だったので本当に助かりました。

専業主婦だから借りれないわけではないんです。
探してみるものですよね。

だいたい専業主婦にも借り入れできるところは銀行系だと思うので金利も普通の金融会社よりは低いはずです。
今はインターネットでも簡単に調べられるので、自分の目で確かめてみてください。


必要な書類ってどんなもの?

総量規制にのっとり専業主婦がキャッシングをする際は、色々なタイプにわけられます。まずは、「収入がなく、夫の同意を得られないもしくは秘密にしたい方」は夫の同意書が提出出来ないため消費者金融では借り入れが難しいでしょう。銀行のキャッシングなら夫の同意書は必要ありませんので申し込みが可能です。

「収入がなく、夫の同意を得られる方」は夫の同意書が提出出来る為、消費者金融で申し込みがが可能となります。もちろん、銀行のキャッシングも可能です。夫の収入や信用情報に問題がなければ借り入れ出来るでしょう。

銀行でのキャッシングにおいて必要なものは、本人確認のための身分証明書(運転免許証や保険証、パスポートなど)です。夫の同意書は必要ありませんが、夫に安定した収入があることが条件となります。専業主婦に適した借り入れ限度額になるかと思いますが、まとまった金額を借り入れしたいのであれば銀行によっては収入証明書が必要なところもあります。

専業主婦が夫の同意を得る事が出来、消費者金融で申し込みをする際に何が必要なのか。まずは、本人確認のための身分証明書(運転免許証や保険証、パスポートなど)、夫婦であることを証明できるもの(住民票や戸籍抄本)、夫の同意書、夫の収入が証明できるもの(源泉徴収書や給料明細など)です。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る