そもそも総量規制ってなんでできたの?

総量規制と多重債務者の関係として原因なのが借りすぎです。利用者の中には限度額以上の借り入れをしてしまう方や多重債務者になってしまう方も少なくありません。

そのため利用者が満足にカードを利用することもできますが、限度がありますキャッシングはバランスよく、返済、引き出しを繰り返すことで、信用を付けることができるようになります。しっかり自分らしく返済をこまめに行うことができれば、問題なくキャッシングを利用していくことができますが、総量規制をかけることによって、適正な価格での借り入れをできるようにしています。総量規制は借入限度額です。

借りすぎに注意するようにしっかり利用者がこまめに返済を行うことができるようにすることが求められます。使いやすいキャッシングでもついつい借入をしすぎてしまう方が多く、債務整理など法的な手続きが必要になってしまう方もいますので、借りすぎに注意しながら適正な価格での融資を受けるようにしましょう。使いやすいキャッシングは使いすぎないように自分で価格をコントロールすることが大切です。しっかり利用しやすいキャッシングカードを選択しましょう。
使いやすいキャッシングカードは借りすぎないように長く愛用しましょう。


出来る前はいくらでも借入をすることが出来たの?

いくらでも借入可能ではありません。審査の時に、利用者の実績や仕事、収入などから融資限度額を分析し、
借りすぎないようにしっかりとした金額を提供しています。もし借入しすぎてしまった時には多重債務者になってしまうこともあります。

十分に気をつけてキャッシングの際にはしっかりコントロールして金額を確認しながら借入を行っていきましょう。
使いやすいカードを十分に利用していくことができます。キャッシングは皆様の好きなタイミングで使用できますが、限度額を意識して借入を行いましょう。借り過ぎは厳禁です。


なんで銀行は対象にならないの?

なんで銀行は対象にならないのでしょうか、銀行のローンはキャッシングのローンとは違い、限度額の設定も上限が異なります。
特に銀行はローンとして貸付を行っていますが1000万円以上の貸付を行う会社もあります。そのため十分に融資金額も大きくなり、その他のキャッシングなどとは異なり、利用できる価格も大きくなります。利用する際の限度額が大きくなれば投資等に利用することが出来るようになります。自在に好きな分だけ活用できれば、お得に借り入れが出来、利息を安く借入することができれば、もっと便利にキャッシングを活用することができるはずです。


グレーゾーン金利ってなに?

かつて消費者金融のキャッシングを利用する際に発生した、
違法とも合法とも言い難いまさにグレーゾーンとして扱われていた金利のことです。

簡単に説明すると、以前は消費者金融などの貸金業者の金利を定める法律が二種類存在しており、
片方の利息制限法は最高でも年20%だったのに対しもう片方の出資法の規定では
最高で年29.2%もの金利でキャッシングを扱うことが出来るという何ともアンバランスな状況だったのです。

この完全には違法とは言えない、という状況を消費者金融などの金融機関が最大限自らに有利なように利用したのがグレーゾーン金利というわけなのです。即ち、当時の消費者金融のほとんどが最高で年29.2%もの高金利で利用者にキャッシングをさせていたということに他なりません。

しかしながらこんなアンバランスな状況が長く続くわけもなく、数年前に利息制限法などの貸金業法は改正されグレーゾーン金利は存在し得なくなりました。
反対に今までグレーゾーン金利という甘い蜜を吸っていた業者たちは過払い金請求という可逆的な是正の対応に追われることとなったのです。なので現在の金利は最高でも年20%という形で規定されており今現在キャッシングをご検討中の方には昔話にしか過ぎない話でもあります。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る