総量規制の概要

総量規制は、2006年12月に制定されました。ただし、いきなり始まったのでは、利用者の影響力やシステム等の準備を考えて徐々に行われていき、
すべての改正が行われたのは2010年の6月です。

どういったところが改正されたのかとゆうと、「借りすぎて返済が出来なくなった方」や「消費者金融の貸しすぎを防ぐため」に年収の3分の1までは借り入れ出来るとゆうものです。
例えば、300万円の年収がある方なら100万円までなら借り入れが可能となります。

もし、1社で年収の3分の1の借り入れ限度額を超えてしまった場合は、新たな借り入れをすることができません。これは多重債務や
返済が出来なくなることを防ぐためです。

この総量規制により消費者金融では「二十歳以上の安定した収入がある方なら借り入れ可能」となりましたので、専業主婦の方は借り入れ出来ません。しかし、配偶者の同意書や収入が証明出来る書類があれば借入することは可能です。ただし、大手消費者金融では行っていないのが実状です。

ただし、総量規制は消費者金融に適応されていますので、銀行キャッシングでの借り入れで年収の3分の1を超えていたとしても総量規制の対象外となっています。銀行によっては信用情報を確認しているところもありますので返済が滞っていたりすると、新たな借り入れができない場合もあります。


どんな人たちが影響を受けるの?

総量規制の影響を受ける人々は、収入がない方や収入が少ない方ですね。
ただしこの場合、収入が少ないことが必ずしも支払い能力の有無とイコールではないのが焦点となります。アルバイトやパートなど収入が少ない方はそれに見合った金額のみ利用出来るのである意味では分かりやすいと言えます。
おそらく総量規制の影響を結果的に一番受けることになってしまったのは、支払い能力はあるのに自身の収入がない方、あるいは収入を証明出来ない方でしょう。前者の場合は専業主婦の方などがこれに当てはまります。旦那さんの収入があるので返済自体は可能なのですが、専業主婦の方自身に収入が無いために総量規制下ではキャッシングを利用することが出来ないのです。
一応、旦那さんの収入を合わせて総量規制を利用する方法もあるのですがこの場合は旦那さんの同意が必ず必要となるのであまり現実的ではありません。
また収入が証明出来ない方、というのは何らかの不労所得によって収入を得ている方々ですね。最近では副業の種類も増えましたので不労所得によって生計を立てている方もおられるほどですが確定申告の必要がない所得であれば収入を証明出来ないのです。稀なケースではありますがこのような場合も総量規制下でキャッシングを利用することは出来ません。


総量規制対象外の業者ってどんなとこ?

総量規制の対象外であることでここ数年で急速に話題になってきたのが銀行系カードローンですね。かつての消費者金融とは違い、銀行のカードローンは審査や金利が真っ当であったので総量規制の対象とはされなかったのです。なので大手銀行や地方銀行はもちろんのこと、消費者金融も大手銀行グループの傘下となることによって銀行系カードローンとして総量規制の影響を受けないキャッシングを行っている例も今では珍しくありません。
もちろん、銀行の傘下であるので審査や金利などの条件も銀行のそれと全く変わらず銀行そのもののカードローンと実質的に同じであると言えましょう。なので銀行系カードローンは総量規制の影響も受けずに安心して利用することが可能なのです。もちろん安定した収入を得ていることなど一定限度の条件を満たしている必要はありますが、その条件さえクリアしていればもっとも信頼のおけるキャッシングだと言えましょう。
反対に決して利用してはいけないのはいわゆるヤミ金ですね。これは総量規制の対象外というよりもそもそもが本来存在してはいけない会社ではあるのですが総量規制が存在していることで消費者金融の利用が難しくなり結果ヤミ金を頼ってしまう人も少なからずいるのが現状なのです。例えお金が必要であったとしてもヤミ金は百害あって一利なしなので決して利用してはいけません。


対象外ならいくらでも借りることが出来るの?

確かにいくらでも借りられれば便利ではあるのですが残念ですがそんなことはあり得ません。まず例え大手銀行のカードローンであっても最大限度額というものが存在しています、最大で1000万円程度とかなりの金額ではありますが上限はあるのです。

まあもっと常識的な範囲で考えるにしてもやはり「いくらでも借りる」ということはあり得ません。そもそも銀行系カードローンが総量規制の対象外なのは総量規制の対象としなくていいほどに銀行の対応がしっかりしているからです。

利用者の収入や返済状況によっては、総量規制下の消費者金融の方がまだ条件が甘いというくらいに厳しい対応をされる場合もあるでしょう。


なので、「総量規制の対象外だからいくらでも借りれる」というような考えは持たないほうがよいでしょう。あくまで総量規制の焦点である自身に収入が無くても返済能力はある方、という点において銀行系カードローンにメリットがあるということに過ぎないのです。

厳しい言い方かもしれませんが、総量規制の対象外だから気軽に借りれるという風に考えるのではなく総量規制の対象外であるからこそきちんとした計画を立てたキャッシングをすべきだと言えるのではないでしょうか。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る