銀行だから安心してよいの?

一般的なキャッシングを利用出来る各種企業及び施設の中で、一番安全性が高いのが銀行であることは間違いないでしょう。
消費者金融などの貸金業者と違って銀行というものは業務の一環の中で個人向け融資、
即ちキャッシングを行っているだけのことでありそもそもが銀行と貸金業者とではそもそもの存在意義が異なっているのです。

銀行は言うまでもなくお金の専門家なので、お金の取り扱いには他の業種の追随を許しません。ドラマやニュースなどで銀行に融資を断られた、
などという話を時々耳にするかと思いますが例え相手が大企業であっても銀行自体がその融資をすることが安心出来ないと判断すれば融資を断るということは決して珍しいことではありません。

であるからして個人相手の融資、即ち銀行系カードローンなどもその審査自体が厳しく、無理やりにでもキャッシングをさせるというようなことはあり得ません。
安心できない融資、つまり返済が期待出来ないような相手に対してはそもそもが審査を通さずにキャッシング自体を利用させないのです。
なので銀行の各種ローン及びキャッシングは安心できる、というよりも安心できるようなものしか銀行は扱っていないというべきでしょう。


金利は消費者金融とどのくらい違うの?

消費者金融及び各種銀行系カードローンの場合、銀行系カードローンの方が金利が低い傾向にあります。

とはいっても細かい部分においては各消費者金融及び銀行の経営状況によって左右されるのでハッキリと具体的な数字で示すのは難しいというのが正直なところです。

しかしながらあくまで私の個人的な感覚でのみ述べるならば、銀行系カードローンは消費者金融の場合と比べて1%から2%ほど低いことが多いように感じることが出来ます。ただし最近では消費者金融と銀行系カードローンとの境目が曖昧になっていることを注意しなければなりません。

明らかに銀行とは関係のない消費者金融だということが分かっている場合は、
やはり銀行系カードローンより金利がやや高めであることは間違いありません。

しかし各種消費者金融は貸金業法の規制改正の影響を受けて大手銀行傘下に入った企業も少なくありません。

そのため名前は消費者金融のそれであってもキャッシングの実態は銀行系カードローンに当てはまるというケースも少なくないのです。

ゆえにどこからが消費者金融でどこからが銀行系カードローンなのか、という判断をすることも難しくなっているのです。
であるので消費者金融と銀行系カードローンの差を金利で表現するのは意外と難しいことだと言えるのです。


スピードは消費者金融より遅い?

お金が必要な時って、大体予想していなかった事が起きた場合がほとんどですよね。銀行のキャッシングの申し込みって審査終わるまでの時間が遅いイメージがあります。そこで、銀行のキャッシングを申し込みしようと思っていらっしゃる方のために調べてみました。

まず、消費者金融では「即日スピード審査」を掲げているところが多いです。その点、銀行のキャッシングでは一週間かかってしまうところもあれば、「即日スピード審査」を行っているところもあります。していたとしても「〇時までの申し込みなら即日審査」など、限られた申し込み時間があるところがほとんどです。

なぜ、消費者金融と銀行では審査の時間に差があるのかと言うと、消費者金融は個人向けにお金を貸すのを専門とした業者です。なので独自のデータを持っています。年齢や家族構成、収入や借り入れ状況などのデータを元にして新規申し込みをした場合、いくらまで借り入れ出来るかシステム計算をしています。最近では、パソコンやスマホなどからも申し込みが出来るので更に審査の時間が短くなっています。

一方、銀行では借り入れだけでなくさまざまな業務があります。それと貸し倒れを防ぐために返済能力のある方にしか貸してくれません。その為、審査はかなり慎重に行っているのです。銀行での審査スピードは、金融機関によって違いますが早ければ即日、遅くて一週間かかると思って下さい。


担保とか保証人って必要になるの?

借金を題材にしたテレビドラマなどではよく耳にする担保とか保証人とか言った言葉ですが、では現実の銀行のキャッシングで必要となるかと言えばまず必要となることはあり得ません。

現在の銀行系カードローンのキャッシングではまずこのような単語が出てくることすらないでしょう。


というのも、実際に現在のキャッシングを利用する場合にはあらかじめ保証会社の審査を受けることとなるからです。この保証会社が担保や保証人の役割を担ってくれており、利用者がこれらを用意する必要はないのです。なので、保証会社の審査を通らなければキャッシングが利用出来ないということでもあります。


とはいえ保証会社の審査を通るのはさほど難しいことではありません。

基本的には銀行系カードローンを利用するための最低条件である、安定した収入があることや年齢制限に引っかからないことなどをクリアしていれば特に問題なく保証会社の審査を通ることが出来るでしょう。


なのでキャッシングの利用の際に、担保や保証人を要求されたらその会社を利用することは止めた方がいいかもしれません。

その場合、保証会社を利用出来ない金融機関ということである可能性が高くヤミ金の可能性を否定できないからです。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る