銀行キャッシングってなに?

銀行によるキャッシングとは、銀行そのものかあるいは銀行傘下の企業が主にカードローンを主体として顧客にキャッシング、即ちお金を貸しだすことを言います。このことから総称して「銀行系カードローン」などというように言われることも少なくありません。
最近では何かと消費者金融と対比して扱われることも多く、事実以前までと比べると銀行系カードローンの利用者はかなりの増加傾向にあることは間違いありません。

その理由は銀行系カードローンを利用したキャッシングには総量規制の影響がないことが最大の要因でしょう。各消費者金融が総量規制をはじめとする貸金業法の改正によって業務内容を変更せざるを得なくなり、当然利用者にもその影響は及ぼされました。

簡単に言ってしまえばこれらの規制により、以前の様には消費者金融でのキャッシングを自由に利用出来なくなってしまったのです。特に低所得者や専業主婦のように自身では収入がない方々への影響は大きく、規制改正によって窮地に追い込まれてしまった人も中にはおられたでしょう。

そんな方々にとって助けとなったのが銀行系カードローンです。銀行系カードローンは「総量規制の影響を受けない」ため、上記のような方々でも利用することが可能であるのです。従って、かつて消費者金融を利用していたような方々は今は銀行系カードローンを利用するようになった、ということなのです。


普通の融資とは何が違うの?

現在のように銀行系カードローンが流行し出す以前からも銀行からキャッシングや融資を利用することは普通に行われていました。
これらは本質的には同じものでありキャッシングとは言わば個人向け融資の一つなのです。
ただ、一般的にはキャッシングと呼ばれる場合と融資と呼ばれる場合ではその利用方法に違いある場合が多いのです。


銀行系カードローンを利用したキャッシングの場合、利用限度額までならばいつでもどこでも自分の好きなように各種カードを使用してお金をキャッシングすることが可能です。そして、その使い道は基本的には自由です。
一方で融資と呼ばれるような借入の場合、特定の用途に関して必要な分だけあらかじめお金を借り入れるという方法となっています。
具体的に言えば、住宅ローンやカーローン、あるいは事業用資金がこれにあたります。
言わば、最初に限度額いっぱいにお金を借りて後はそのお金を返済し続けるのが融資、と呼ばれるような借入となっています。


いずれの場合も銀行からお金を借入するということ自体は共通していますが、キャッシングはある程度自由に利用が出来るのに対し融資の場合は最初から最後まで一定の計画をもって利用する必要があるのです。


借入をするときは来店しなきゃだめ?

これは銀行やそのカードローンの種類によって異なります。

最近ではインターネットなどを利用した銀行系カードローンの申込みが主体化しており、最後まで銀行を訪れずにキャッシングを利用出来るケースも少なくありません。ただし、銀行によっては一度は来店の必要があるところもあるのであらかじめ詳細を知っておかなければなりません。

また、利用限度額が大きい種類のカードローンほど銀行を訪れる必要がある場合が多いです。

銀行系カードローンは総量規制の影響を受けないとは言え、多額のキャッシングを行うのは銀行としてもリスクが大きいために直接顔を合わせて信頼に値する人間かどうか判断をするのは必要不可欠なので仕方ないと言えるでしょう。

なので、裏を返せば来店しないでカードローンの利用をしようと思うならば少額のキャッシングの利用にのみとどめておくべきだと言えるでしょう。
しかしこれらはあくまで「そのような傾向にある」というだけの話であり、全ての銀行系カードローンがこれに値するとは限りません。
少額でも来店を必要とする銀行もありますし反対に多額でも来店を必要としない銀行もあるのです。

どうしても直接店を訪れたくないというならばその個々の違いを事前に知っておくしかないのです。


消費者金融のキャッシングとの違いは?

銀行キャッシングとはATMなどを通してお金を借りることです。

査定がないため、急にお金が必要になった時にこういったサービスがあるととても助かりますよね。主にキャッシングと言ってどちらかというとクレジットカードを通して主にショッピングをするためにあるものですので、短期返済型が基本です。

短期返済型になりますと利息がないなんてところもありますよね。利息を設けているところは、基本日割り計算になりますのでキャッシング会社を選ぶ際にやはり金利の点を見てしまうと思いますがそこまで気にしなくてもいいと思います。


消費者金融とはお金を貸すこと、つまり利息を支払ってお金を借りるので査定が必要になります。ちょっと前では闇金などと一緒で、危ないイメージも持たれていましたが、利息制限法などが設けられたため100万円で15%以上の利息は取られないようになっているため(借りる金額によって利息は変動します。

10万円以上100万円以下ですと18%かかってしまいますのでご注意)前と比べれば随分借りやすくなったと思います。ですが、その金利も何年となってしまえばものすごい額のお金がとられてしまいますので消費者金融でお金を借りる際にはなるべく短い期間で返済するということを大前提に借りましょう。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る