借り換えのメリットってなに?

借り換えは、その名の通り、借り換えることをいいます。

つまり、金利が高いキャッシングを利用してしまった場合、月々の返済も大きくなって勿体ないので、
金利が低いキャッシングやローンに借り換えて、金利の削減を図るわけです。借り換えの一番のメリットはここにあります。
消費者金融のキャッシングを利用すると、平均的な金利が18%なので、50万円を借入れると、1年に9万円の金利がかかることになりますが、
それを金利10%のキャッシングやローンに借り換えることで、8%の4万円を削減できるわけです。借入れ額が大きくなればなるほど、
金利も大きくなってしまいますので、借り換えは金利を減らす有効な方法です。

あと、複数の借入れがある場合、まとめて借り換えることで、さらに金利を削減できるうえに、バラバラだった返済日が1日だけになるなどのメリットがあります。
借り換えの効果を最大限に活用したいなら、全ての借入れの総額を、借り換える新たな金融機関で借りて、全部借り換えてしまうことをおすすめします。
借り換えることで、月々の返済金が大きく減り、生活はグーンと楽になるでしょう。これも借り換えの大きなメリットです。
毎月の返済で頭を悩まされている人は、是非、検討してみてください。


借りかえってどんな会社が実施しているの?

借り換えを検討している人は多いと思いますが、借り換えを行うには、まずはどこの会社のローンやキャッシングを利用するか選択しなければなりません。借り換えのローンやキャッシングを行っている会社には、銀行をはじめ、信販会社やクレジット会社、消費者金融など、様々なところがあります。
このような会社で、借り換えローン専門のローンを用意しているところもありますが、多目的ローンやカードローンで借り換えOKとされているところが多いです。これらの会社のホームページで、借り換えローンという項目がなくても、多目的ローンやカードローンの別ページで、そのように記載されているケースもありますので、よく探してみましょう。そして、なるべく多くのローンやカードローンを比較して選択するようにしましょう。
このような会社の中で、一番金利が低いというイメージがあるのは何と言っても銀行です。低いところだと3%もしないところもあります。ただし、低金利が適用されるのは100万円以上の高額借入れの場合で、少額の借入れの場合は、13%~15%と、それほど低くない金利の場合が多いです。消費者金融の平均的な金利は18%ですので、少なくとも3%の金利削減にはなりますが、大した削減にはなりません。ですから、少額を借り換えるのではなく、全部の借入れをまとめて借り換えた方が得策と言えるでしょう。



実施していない会社はどんなとこ?

借金に追われている人は、少しでも月々の返済額を少なくしたいと思っている人が多いですが、借り換えをすると、金利が減らすことが可能になりますので、月々の返済額を少なくすることができます。しかし、それを実現するには、借り換えに利用する会社を見つけることが先決です。

借り換えを行っている会社には、銀行や信販会社、クレジット会社など色々ありますが、どこの会社でも借り換えに対応しているわけではありません。
少なくとも、借り換えローンとして専門にローンを用意しているところはあまりなく、借り換えに対応している会社でもほとんどが多目的ローンやカードローンで、借り換えOKとしています。

多目的ローンやカードローンでそれが明記されていない会社では、借り換えに対応していない会社かもしれませんので、その会社に直接問い合わせてみると良いでしょう。

また、消費者金融、信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入れは、年収の3分の1までという総量規制が行われていますので、借り換えるとはいえ、年収の3分1を超える借入れを行うことはできません。ですから、既にこれらの会社から借入れをしている人は、総量規制の対象外である銀行での借り換えを検討してください。


結局一番のおすすめはどの会社?理由も併せて解説

いざ、借り換えをしようと思っても、どこの会社を利用すべきか迷う人は多いことでしょう。借り換えは様々な会社が対応していますが、一番のおすすめは、やはり銀行です。銀行は総量規制の対象外ですので、借入れが大きな金額の場合でも対応できますし、それに何と言っても低金利です。
借り換えのメリットは、高金利の借入れから低金利の借入れに借り換えることで、金利を少なくして返済金を減らせるということです。

そのメリットを最大限に活用するには、なるべく低金利の会社を利用することが大切です。それには銀行が一番適していると言えるでしょう。銀行の中には、3%以下という低金利のところもありますので、大幅に金利と返済額を少なくすることが可能になります。
ただし、全ての銀行が借り換えに対応しているわけではありません。また、対応していたとしても、消費者金融のように審査は甘くはなく、一度でも返済を延滞したり滞納したりしていると、審査を通らない可能性があります。延滞や滞納をしたことがある人は、しばらく経ってから申し込んでみるとかして、対処するしかありません。お金に困っているとはいえ、延滞や滞納があると、どこの銀行も利用できなくなってしまいます。できたら、お金に困りそうになる時点で、早めに借り換えることをおすすめします。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る