借り換えの概要

借り換えとは簡単に言ってしまえば、既にキャッシングを利用している消費者金融及び銀行などからより条件のよいところに利用したお金をそっくりそのまま借り換えることですね。つまり、A社から30万円キャッシングしていたとして、A社より金利の低いB社から30万円をキャッシングしてそのお金でA社の債務を全額返済すればそっくりそのまま金利の低いB社へと借り換えた、ということになるのです。
借り換えは各種キャッシングを利用する場合において常に選択肢の一つとして考えておくべきことだと言えるでしょう。最初から条件のよい会社でキャッシングを出来ればそれが一番なのですが常にそれが可能であるとは限りません。条件のよい会社ほどそのキャッシングを利用するための審査基準は高く、時にはベストよりもベターを選択することの方が優先すべきである場合もあるでしょう。
そのような場合はとりあえず条件があまり良いとは言えないような会社でもキャッシングを利用しある程度状況に余裕を持てたなら条件のよい会社へと借り換えを検討する、という方法を取るのが最適ではないかと思います。遠くの家族より近くの他人という言葉がありますが、条件に不満があってもキャッシングを利用させてくれることが一番であるでしょうから。


キャッシング会社によって金利ってどのくらい違うの?

キャッシングの金利は利用する金額によっても異なりますが、現行法上、最大で20%であり最小ならば3%台の金利で扱っているところもいくつかあります。もっとも、20%の上限でキャッシングを扱っている会社は今のところ見たことはありませんが。
また、消費者金融よりは銀行系カードローン、中小企業よりかは大手企業の方が低い傾向にありキャッシングの種類や会社の大きさによっても金利は左右されます。なので現在のキャッシング事情において一番低金利だと言えるのは大手銀行のカードローンだと言えるでしょう。
会社によっては最低金利が10%や9%台だったりするところが、大手銀行系カードローンならば4%、3%台も珍しくありません。なので最低金利だけで選ぶならば大手銀行系カードローンが最適だと言えますが、最低金利でキャッシングを利用する場合には利用額上限まで借入する必要がある場合がほとんどです。

なので自分が必要とする金額の場合は金利がいくらになるのか、を把握することが大事だと言えましょう。やはり大手銀行系カードローンは最低金利以外でも低金利であることが多いですが、条件によっては消費者金融や地方銀行などでも好条件な場合も存在しています。なので、出来るだけ多くの会社の金利情報を調べておくのがキャッシングを利用する上で大事だと言えるでしょう。


借り換えのデメリットってなにかある?

借り換えとはキャッシングにおける返済額を減らすために行うものなので、もちろん利用者としてはメリットが多いものです。
しかしながらデメリットも確かに存在しているので注意しておかなければなりません。

一つは、低金利など条件のよい会社ほど審査基準が厳しいことが挙げられます。
金利があまり低いとは言えないような会社はその分審査基準を緩めることでニーズを集めている部分があるのは否定できないのです。

つまり、より低金利のところに借り換えたいからといって簡単に審査に通るとは限らないのです。
また借り換えに際して手数料が発生したり、
低金利の会社に借り換えた場合でも返済方法によっては返済総額が借り換え後の方が多くなってしまう場合も考えられます。
このような例は、返済の負担を減らすために毎月の返済額を減らし結果完済までの期間が長くなってしまう場合で起こりうる事例です。

確かに低金利ならば一度に発生する利息は減るのですが、返済の期間が延びてしまえば結果的に利息が増えてしまう場合もあるのです。
即ち、短期的な視点で見るか長期的な視点で見るかという違いですね。

このように借り換えは確かにメリットが多いのですが上記のようにデメリットも確かに存在しています。
借り換えを行うならば低金利の会社にすぐ飛びつくのではなく借り換えを行った場合のシミュレーションをしておくのが良いでしょう。


借り換えを行う際のポイント

現在、高い金利で借入れを行っている場合、金利が低いローンに借り換えることで、金利を減らすことができます。

少しでも返済を楽にしようと、借り換えを行う人が増えていますが、金利が低いローンに借り換えるほど、たくさんの金利を削減できますので、できるだけ低い金利ものを利用するようにしましょう。これが借り換えのポイントになります。

また、借り換えるローンの支払い方法にも着目して、選ぶことが大切です。

同じリボルビング払いでも元利均等方式とか残高スライド方式とか色々あり、それによっても年間の金利が変わってきますので、返済シミュレーションを利用して、どの支払い方法が一番お得か、調べてみることをおすすめします。

あと、1社だけではなく、複数社から借入れがある人は、できるだけまとめて借り換えをすることをおすすめします。1社だけ借り換えをして金利が安くなっても、他にも借金があれば、大した効果は得られません。複数の借入れを借り換えて、1つにまとめることで、金利を大きく減らすことができるだけでなく、月々の返済額もかなり少なくなりますので、返済がとても楽に行えるようになります。返済のせいで、苦しい日々を送っている方は、是非、検討してみることをおすすめします。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る