キャッシングの複数社借入のデメリット・リスク

キャッシングは、いつでもどこでも利用できて本当に便利です。そのため、ついつい利用し過ぎて、複数社のキャッシングを利用している人も多いことでしょう。複数社のキャッシングを利用してしまうと、はっきり言って、良いことはありません。デメリットやリスクがあるだけです。

どのようなデメリットがあるかというと、まず、借入れをしている金融会社によって返済日が異なるため、いつも返済日を気にしていなくてはならないということです。

これは大変面倒なことです。返済方法が異なっていたり、引き落としの銀行口座が異なっていたりすると、さらに面倒なことになります。これではうっかり返済し忘れてしまうことも免れないでしょう。

あと、月々の返済額が大きくなってしまうということも大きなデメリットです。一社、一社の返済額はそれほど大きくなくても、まとまるとかなり多額の返済額になってしまいます。
しかも、その大半は金利なのです。

返済額が大きくなると、返済が困難になるリスクが高くなり、滞納や延滞を繰り返す人も出てきます。そうなると、信用情報機関に事故情報に名前が登録されてしまいます。
これがブラックリストと呼ばれているものです。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、5年~7年間は新たにローンを組んだりカードを作ったりすることができません。これは、複数社のキャッシングを利用している人が陥りやすい大変大きなリスクです。


おまとめローンのメリット

複数のキャッシングを利用して、返済に困ってお金に苦労している人はとてもたくさんいらっしゃいます。そのような人は、いつ終わるともしれない返済に耐えるのではなく、おまとめローンを利用しましょう。おまとめローンは、その名の通り、複数のキャッシングを1つにまとめるためのローンです。
複数のキャッシングを1つにまとめると、どのようなメリットがあるかというと、まず第一に、月々の返済金が小さくなるということが挙げられます。それまでは、1社の返済金が金利を含めて3万円だったとすると、それが5件あると15万円。それがおまとめローンを利用すると、1社だけの返済で済みますので、3万円とか5万円とかの返済金になるわけです。複数あった返済日も1日だけになりますので、とても楽に返済できるようになります。

あと、おまとめローンを利用すると、金利を少なくすることができるというメリットもあります。消費者金融などの金利の高いキャッシングを利用している人は、かなり多額の金利を支払っていると思いますが、銀行のおまとめローンを利用したとすると、10%以上の金利をカットできる可能性があります。

これはとても大きなメリットです。複数のキャッシングを利用している人はお金を無駄にしないためにも、すぐにおまとめローンを利用しましょう。


おまとめローンで返済を終えた体験談

総量規制が始まる前に利用したキャッシングが6社。全部で400万円ほどの借金がありました。
月々の返済額は20万円ほどで、給料のほとんどを返済に回す感じで、生活費は副業をして稼いでいました。

そんな生活を約3年続けて、ほとほと疲れてしまい、この借金を何とかできないかと思い始めたのです。
それで、ふと目に止まったのがある銀行のおまとめローンでした。
銀行なので審査に通るか心配でしたが、とりあえず相談に行ってみました。

担当の方に色々話した結果、審査に通るのではないかということになり、思い切って申し込みをしました。
そして、延滞や滞納をせずに頑張って返済してきたのが幸いして、無事に審査を通ったのです。

先日、おまとめローンで借りたお金で全てのキャッシングを返済しました。とてもスッキリした気持ちです。
新たに人生をやり直せそうな、そんな明るい気持ちでいっぱいです。月々の返済金は10万円以上も減り、生活もとても楽になりそうです。
キャッシングは便利だけど、二度と利用しないと心に決めています。その時は楽でも、後で苦しい思いをするということをこの3年間で学びました。
欲しい物はお金を貯めて買う。身分相応のことをする。これに限るでしょう。


おまとめローンを行うポイント

複数のキャッシングを利用している人のためにある「おまとめローン」は、銀行をはじめ、様々な金融機関が行っていますので、
おまとめローンを利用したいと思ったら、まずは、どの金融機関を利用するか選ぶ必要があります。

選ぶポイントは、金利にあります。

できるだけ金利が低いおまとめローンを利用することが何より大切です。
おまとめローンを利用することで、キャッシングの金利を少なくすることが見込めますが、そのおまとめローンの金利が高かったら、何の意味もありません。金利は、金融機関の利益となるお金ですから、利用する側からしてみれば、捨てるお金です。ならば、少ないに越したことはありません。色々な金融機関を比較して、できるだけ金利の低いところを利用するようにしましょう。
現在は、総量規制が敷かれていて、貸金業者のキャッシングは年収の3分の1までとなっていますので、おまとめローンは、銀行のものを利用することになる人が多いと思いますが、延滞や滞納をしたことがある人は、審査に通らないと思った方が良いです。ですから、お金に困って延滞や滞納をしてしまう前に、おまとめローンを行うことも大事なポイントです。銀行だから借りられないかもと思わずに、まずは相談をしてみることをおすすめします。



FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る