八千代銀行ってどんな銀行?

株式会社八千代銀行は、東京都新宿区に本店を置く、総資産が連結で2兆2,014億2500万円、従業員数が連結で1,752名(平成25年3月31日現在におけるデータより抜粋)の 第二地方銀行です。会社名の八千代は、千葉県八千代市がもととなる金融機関であると勘違いされることがございますが、これは末広がりの「八」と永遠の意味を持つ「千代」を組み合わせた造語です。八千代銀行は、1924年、有限責任住宅土地信用購買組合調節社として誕生しました。その後、1931年、有限責任信用組合調節社と名称変更。1941年、保証責任町田町信用組合設立。1943年、代々木信用組合と名称変更。1951年、保証責任町田町信用組合と恩友信用組合が合併し、東神信用組合設立。1951年、代々木信用組合が代々木信用金庫と名称変更。東神信用組合が東神信用金庫と名称変更。1954年、代々木信用金庫と東神信用金庫が合併し、八千代信用金庫設立。1970年、八千代信用金庫が日の出信用組合と合併。1991年には、株式会社八千代銀行と商号を変え、普通銀行となりました。1999年に相模原信用組合の事業譲受により、現在では資金量2兆円規模となっております。信用金庫からの転換は、現在のところ八千代銀行が唯一とされております。2007年には、東京証券取引所第一部に上場致しました。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る