東和銀行ってどんな銀行?

株式会社東和銀行は、群馬県前橋市を本拠点地として構え、本店を置く、総資産が1兆9,444億円、従業員数が1406人の上場企業の第二地方銀行です。東和銀行誕生の軌跡は、1917年、群馬貯蓄無尽株式会社として設立された頃に遡ります。その後、1918年、群馬無尽株式会社に商号を変更。1942年、群馬無尽株式会社、関東無尽株式会社、上毛無尽株式会社が合併し、群馬大生無尽株式会社を設立。1949年、大生無尽株式会社に商号を変更。1951年、小川無尽株式会社と合併。1951年、相互銀行へと転換し、株式会社大生相互銀行に商号を変更。1989年、普通銀行へと転換し、現在の株式会社東和銀行に商号を変更致しました。店舗ネットワークは、本拠点地である群馬県と共に埼玉県を中心に店舗網を拡大し、群馬県に38店舗、埼玉県に42店舗。その他にも東京都・栃木県にも店舗を設置しており、東京都で8店舗、栃木県3店舗。加えて、インターネット支店が1店舗、振込専用支店が2店舗で計94店舗を有しております。(2014年3月31日現在によるデータより抜粋)「地域から頼られる銀行」をモットーに、取引先の中小企業のお客様の本業支援を行う「お客様支援活動」に取り組んでおります。地域密着型経営を推進しており、地域貢献の姿勢のもと、地元にお客様の多様なニーズに柔軟にお応えし、愛され続けている地方銀行です。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る