但馬銀行ってどんな銀行?

但馬銀行は、兵庫県豊岡市に本店を置く地方銀行です。但馬地方が主力地域になりますが、近年では阪神・播磨地区など兵庫県南部への出店も積極的に行われています。本店所在地である豊岡市からは指定金融機関を受託しています。県外には、京都府と大阪府にも支店があります。明治30年に美含銀行として設立され、昭和7年に香住銀行と商号変更、そして昭和31年に現在の但馬銀行に変更されました。

但馬銀行では、普通預金や定期預金をはじめ、カードローンやマイカー・教育・住宅ローンの取り扱いがあります。個人年金保険・終身保険・収入保障保険・医療やがん保険・学資保険といった保険の取り扱いも豊富です。

相続関連サービスとして、遺言書作成に関する事前の相談により、遺言公正証書の作成・保管・相続開始後の執行手続きをお手伝いしてもらえる遺言信託や相続に関する手続きを地元の司法書士・税理士・弁護士などの専門家と連携してお手伝いしてもらえる遺産整理などのサービスもあります。他にもインターネットバンキングや年金受取ご予約サービス、たんぎん年金倶楽部など様々なサービスがあります。問い合わせは、たんぎん相談ダイヤル(フリーダイヤル)もしくは資料請求が可能です。


キャッシングは行われてるの??

但馬銀行でキャッシングをお考えなら、但馬銀行カードローンがあります。こちらは、スピードポケットプラスとSTORKの2種類あります。スピードポケットプラスは、但馬銀行に口座がなくても申込み・契約が可能です。インターネット・モバイル・電話・ファクスから申込みすることができ、来店の必要はありません。主婦やパートの方でも申込み可能ですが、利用限度額は100万円になります。安定・継続した収入があり但馬銀行の口座をお持ちの方は最大800万円まで利用可能ですが、300万以上の場合は、所得証明書が必要になります。
STORKは、年3.9%の安心金利で、最大200万円融資を受けることが出来ます。申込み方法に関しては、スピードポケットプラスと同様になります。本人に収入がなくても配偶者に収入があれば申込み可能になりますが、その場合は利用限度額は30万円が上限になります。
申込みすると、審査が行われます。原則即日回答と大変スピーディですが、申込状況や受付時間によっては翌営業日になることもあります。審査が通れば、郵送もしくは来店して契約手続きを行います。お手元にカードが届き次第、利用することが出来ます。返済も口座振替もしくはATMですのでとても便利です。


但馬銀行の特性を徹底解説!

十六銀行とは、岐阜県岐阜市に本社がある地方銀行です。明治10年の10月8人で立ち上げた日本で16番目の銀行です。この頃は、弟十六国立銀行と言う名称でした。明治29年12月に現在の「十六銀行」と名称を改めてました。
昭和の初めに外国為替業務を開始し、名古屋、東京、大阪に支店を出しています。
今では東海地方のトップクラスの銀行となり岐阜県では大幅なのシェアを誇っているとも言われています。岐阜県だけでなく、愛知県や三重県にも営業の幅を広げていて、愛知県の人口密集地である刈谷市、豊田市を中心に新規顧客獲得を狙っているようです。
まだまだこれからも力をつけていく銀行なのだろうというイメージがあります。
十六銀行は地域密着型の金融機関といえるでしょう。岐阜県に住んでいればいたるところに十六銀行の店舗やATMが見られます。
新しくできた店舗では、窓口のカウンターの所に椅子が置いてあり立ったままのやりとりではありません。新しい事を取り入れて地域の為に共に歩んでいける銀行なのでしょう。
ポイントサービスなんかは他の銀行とは違い、ポイントを換金することができる「J-pointoスタイル」があります。換金と言ってもWAONやTポイントへポイントとして交換できます。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る