荘内銀行ってどんな銀行?

荘内銀行は、山形県鶴岡市に本店を置く、地域密着型の銀行。山形県内では庄銀(しょうぎん)の愛称で日六親しまれている銀行です。
荘内銀行はモンテディオ山形の協賛や、地元山形のお祭りにも積極的に参加していて、地元山形では口座を持っていなくても名前は必ず知っている、有名な銀行。地域の発展を目指し、様々な活動を行っています。地域に愛される銀行、それを目指していることがわかります。そして、地域密着型の地方銀行ですから、店舗はそのほとんどが山形県内にあります。店舗数80店のうち、63店舗が県内にあり、その他秋田県、宮城県などに店舗があります。顧客のほとんども、山形県民ということになりますね。

この庄内銀行は、資金量という点ではさほど大きな銀行とはいえないのですが、預かり資産比率が高く、健全な経営をしていることがわかります。
そして、近年、秋田県に本店を置く、北都銀行と合併し、宮城県仙台市青葉区に本社を置くフィデアホールディングスの傘下に。これはフィデアホールディングスに吸収されたわけではなく、フィデアホールディングスそのものが経営統合のために設立されたもの。山形県でも秋田県でもない場所に設立されたのは、地域色を薄め、他の地域への経営基盤の拡大を目的にしているためです。


キャッシングは行われてるの??

荘内銀行ネットキャッシングには、荘内銀行ローンのドリームコンシェルカードローンプランというものがあり、対象者は20歳~完済時が70歳までの個人の方に限られていて、安定した継続した収入があることが前提です。一般的に生活消費資金としての利用が原則であり、借金の返済や、事業の資金には利用できません。借り入れ限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円の中で申し込みができます。主婦の方は、10万円まで、パートやアルバイトの方は、30万円までとなっています。延滞には、遅延損害金がかかりますので通常の借り入れ金利の年4.5%~年14.6%の上限金利年14.6%といった余分な利息の返金がもとめられます。
きちんとした、返済を行うことで信用情報にも安定した良い利用者だという登録がされていきます。信用情報機関への登録は内容にもよりますが、5年~10年の記録として残るので利用する際は気を付けたほうがよいでしょう。ご利用の際は、大変便利な仮審査の申し込みもおこなえますので、スピーディーな審査対応が人気です。
返済方法は、借り入れ残高により約定返済額が決められています。


荘内銀行の特性を徹底解説!

荘内銀行の特性としては、ネットキャッシングには荘銀ローン「ドリームコンシェル」カードプランというものがあります。対象者としては、20歳~完済時が70歳までの個人の方に限られていてれています。また、安定した継続した収入があることが前提です。
一般的には生活消費資金としての利用が原則であり、借金の返済や事業の資金には活用できません。借り入れ限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円の中で申し込みができます。主婦の方は、10万円まで。パートやアルバイトの方は、30万円までとなっております。延滞には遅延損害金がかかり、余分な利息の返金が求められますのでご注意下さい。きちんとした返済をおこなうことが、信用情報にも安定した良い利用者だという登録がされていきます。ご利用の際は、大変便利な仮審査の申し込みもおこなえますので、スピーディーな審査もとても人気です。
もうひとつの特性としては、平成24年度から開始した、これまでの基金が助成を行った団体で地域特性が活かした、自主的、主体的な地域づくりなど活動の継続性と発展性の面で顕著な取り組みを行っている団体に贈られる、荘内銀行ふるさと創造基金地域貢献大賞というものが行われています。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る