親和銀行ってどんな銀行?

親和銀行とは長崎県は佐世保市に本店を構える地方銀行の一つであります。長崎県内に本店を置いている、地方銀行としては十八銀行と並んで県内のシェアを誇っており同銀行とは実質的なライバル関係にあると言えます。長崎県の指定金融機関の指定を受けていますが、これもまた十八銀行と共同であり本当に拮抗した関係であると言えるでしょう。
両行とも長崎を代表する地方銀行と言えますが、親和銀行の場合創業からこれまでスムーズに経営を行えてきたというわけでもありませんでした。ここ近年の話に限定しても、九州銀行との経営統合やふくおかフィナンシャルグループの傘下に入り子会社化するなど様々な経営努力をこれまで行ってきた銀行であると言えるでしょう。その甲斐もあって、現在でも十八銀行と長崎県を二分するような経営規模を誇っているとも言えるのです。
もちろん離島を含めた長崎県内に多くの支店を置く他、周辺の福岡や佐賀、東京にも支店を有しています。また、上海や香港、シンガポールなど地方銀行としては珍しいほどの規模で海外にも支店を有しておりその規模の大きさをうかがい知ることが出来るでしょう。また、親和銀行はあの「ユーモ」という独自のゆるキャラをマスコットキャラクターにしており、親和銀行の名を全国に広めています。


キャッシングは行われてるの??

親和銀行ほどの銀行がキャッシングを行っていないわけがありません。十八銀行に負けないような高待遇の各種ローンを利用することが出来ます。それらの中でもキャッシングを利用するならばやはりカードローンかおまとめ・フリーローンでありましょう。
利用が便利なカードローンはのこと、キャッシングを既に利用したことがある方ならばおまとめローンの方に興味がある方もおられるのではないでしょうか。おまとめローンを行っている銀行自体は珍しくはないですが、公式サイトなどで積極的におまとめローンのことを宣伝している銀行は珍しいかと思います。即ち、おまとめローンとしての利用を薦めるほど自行のローンの品質に自信があるということなのでしょう。
またカードローンのことも忘れてはいけませんね。親和銀行のカードローン「ナイスカバー」の特性は「1000円」からキャッシングが可能なことにあります。利用限度額は300万円と抑え目ですが、そもそもそこまでの多額のキャッシングをすることはそうそうないことを思えば少額から利用出来る「ナイスカバー」はとても使いやすいと言えるでしょう。安定した収入があればアルバイトやパートの方でも利用が可能なので是非ともオススメしたいカードローンだと言えますね。


親和銀行の特性を徹底解説!

親和銀行のカードローン「ナイスカバー」の特性についてもう少し詳しく述べましょう。先ほど「1000円」から利用が可能であると述べましたが、「ナイスカバー」は「低額キャッシングの利用」を前提に作られているように思えます。というのも、公式サイトなどでローンの金利において発生する利息の具体的な金額について10万円単位で具体的な数字を提示しているからです。
実際、キャッシングを利用していても金利が細かいために具体的な利息の額まで把握出来ないことも少なくないかと思います。敢えて利息をハッキリ計算させないで稼ぎにしようとしている銀行もある中で、具体的な利息を提示しているのは賞賛に値すると言えましょう。具体的な利息を提示してしまえば思いとどまらせてしまうこともあり得るのですから。
例えば親和銀行の最高利率は14.5%なのですが、この金利で1万円をキャッシングした場合一週間に発生する利息はいくらだか瞬時に計算できるでしょうか。そこを親和銀行は「1万円キャッシングした時に一週間で発生する利息は28円である」、ときちんと提示しているのです。このことやおまとめローンの存在を鑑みれば、親和銀行がキャッシングをするにあたり信頼のおける銀行であるということがお分かりになるのではないでしょうか。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る