仙台銀行ってどんな銀行?

仙台銀行は、宮城県仙台市青葉区に本店を構える、総資産連結で1兆184億5500円、従業員数連結で726人の第二地方銀行です。1951年当時、商工業界で深刻な資金難に陥っていた宮崎県を、当時の知事である佐々木家寿治の提唱により、地元自治体、商工団体、経済界などからの出資により仙台銀行の前身である振興無尽株式会社が設立されました。それ以来、地元密着で地元貢献姿勢を持ち続け、地元に愛される銀行として、その存在感を確立していきました。その後、1998年に宮城県第三位の金融機関であった徳陽シティ銀行の事業譲受がなされ、地位向上へと至りました。仙台銀行は、隣国山形県山形市に本店を構える同じく第二地方銀行のきらやか銀行との経営統合を目指す方針を明らかにしましたが、東日本大震災での中小企業の資金面の工面や損壊等の補てんを理由に公的資金を導入したため、統合時期が延期となりました。2012年付で発足に至り、金融持株会社じもとホールディングスを発足。本社は、仙台銀行の本店に設置されております。東日本大震災の影響を受けながらも、根強く地元密着の姿勢を貫き続ける仙台銀行は、地元を拠点として店舗網を拡大し、空中店舗を設置するなど、地元を元気付ける役目を買って出ております。


キャッシングは行われてるの??

東北を代表する仙台銀行でも各種ローンを利用してキャッシングを行うことが可能です。仙台銀行の場合、一般的なキャッシングとして利用するならばカードローンかフリーローンを利用することとなるでしょう。
さらに同行の場合、カードローン、フリーローンそれぞれが1種類のみずつ扱われています。他の銀行が複数のローンを取り扱っていることが多い中でオンリーワンのローンを取り扱っているのはそれだけその中身に同行が自信を持っていることに他なりません。
そして間違いなく、仙台銀行でキャッシングを行っている方々は多いはずです。そう言い切れる理由はキャッシングの最大利用限度額にあります。まず、「スーパーフリーローン」の場合、最大限度額が500万円となっています。他に類を見ない、というほどの額ではありませんがそれでもかなり最大限度額としては高い数字であることは間違いありません。
驚くべきは「スーパーカードローンエクセレント」の方です。なんとこのローンでは最大限度額が「1000万円」の大台に到達してしまっているのです。地方銀行でここまでキャッシングを利用させてくれる銀行が他にあるでしょうか。流石は東北の雄、仙台銀行です。、仙台銀行のキャッシングを利用するメリットはこれだけに留まりません。


仙台銀行の特性を徹底解説!

仙台銀行の2つのローンの最大限度額については先に述べた通りですが、仙台銀行のローンの特性はこれだけではありません。まず、最大で1000万円までのキャッシングが可能であるのにアルバイトやパートといった職業の方でもローンを利用することが出来るということ、本当に流石と言う他ありませんね。
次に最低金利の低さです。まず、「スーパーフリーローン」の場合は利用した場合の最低金利が4.5%となっています。この金利ですら他の銀行と比べても中々お目に書かれる数字ですらありません。そしてやはり、「スーパーカードローンエクセレント」はさらにそれを下回り、3.5%というもはや銀行のみならず各種キャッシングと比べても比較にならないほどの低さとなっているのです。まさにエクセレントですね。
しかしながら1つだけ条件があり、これら高条件のローンを利用出来るのは宮城県に住んでいるか宮城県で働いている方のみに限らてしまっています。他の都道府県の方々からすればとても羨ましい状況であることには間違いありませんが、これも東日本大震災からの復興の一因として敢えて仙台銀行が行っていることも考えれば無理もないことでもありましょう。
宮城県内にお住いの方は大震災という不幸があった分、このような好条件のローンを利用しないという手はないでしょう。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る