山陰合同銀行ってどんな銀行?

山陰合同銀行は、島根県松江市に本店がある山陰地方で最大の地方銀行です。山陰地方だけでなく中国地方全般にATMや支店などがあるようです。東京と大阪にも支店があるようです。また定期預金の金利も、ほかの地銀やメガバンクなどと比べてあまり差はありません。ただ、インターネットバンクという制度があり、そこに定期預金などとして預けると、金利が高くつくようです。スーパー定期預金という制度では、金利が0.325%ということになっています。これはほかの銀行と比べてもなかなか高い金利なのではないかと思います。また2015年1月に、中国地区の地銀としてははじめて、自社単独で証券子会社である「ごうぎん証券」を設立し、同年10月から業務を開始する予定であるようです。また山陰合同銀行の沿革としては、1889年に島根県東部(出雲)を地盤とする松江銀行を設立し、1894年に鳥取県米子町に本店をおく米子銀行を設立し、その後1941年に松江銀行と米子銀行が合併し、現在の山陰合同銀行が設立されたようです。また1945年に山陰貯蓄銀行を合併し、1983年に広島証券取引所に株式上場し、その後1985年に東京証券取引所・大阪証券取引所に上場しました。


キャッシングは行われてるの??

山陰合同銀行のキャッシングとして、ごうぎんDuo[デュオ]カードローンがあります。極度額は30万円型~500万円型、金利も年4.0%~12.0%とお得な低金利で利用できます。
ごうぎんATMはもちろん、他の銀行・ゆうちょ銀行・コンビニATMなどでも1,000円から利用可能で、便利です。
公共料金の引き落としに必要な口座残高が足りないときも、ごうぎんカードローンを持っていれば、不足金額をオートチャージ(自動融資)します。
インターネットや電話で申込みが完了するので来店不要でカードをつくれます。申込みの際、通帳・キャッシュカードが必要ですが、30万円型・50万円型・100万円型の場合、インターネットですべての手続きが完了します。
ICキャッシュカード一体型クレジットカードを利用した場合、お得な金利引き下げがあります。さらに、ごうぎんで給与振込または年金受取をされている方は年0.5%、ごうぎんで住宅関連ローンまたは住宅金融支援機構をご利用の方は年0.5%、Duoカードの半年間のショッピング利用額が30万円以上の方は年1.0%の年利引き下げを受けられます。
ごうぎんで給与の振込みをされている方専用のカードローンオーバレイ給振カードローンもあります。条件がありますが、基準金利年9.5%で、Duoカードローンよりもお得です。極度額は年30万円型のみとなっています。


山陰合同銀行の特性を徹底解説!

山陰合同銀行は、山陰地方で最も大きな規模の銀行です。近年は、県内だけではなく県外への進出も活発に展開している銀行で、カードローンをはじめ、様々な融資もとても積極的に行っています。ですから、山陰合同銀行のカードローンは、審査に通りやすく、利用しやすいと言えるでしょう。特に「こうぎんデュオカードローン」は、安定した収入がある人なら、パート、アルバイト、臨時職員や年金受給者でも申し込むことができ、とても利用しやすくなっています。専業主婦の人でも、ご主人にきちんと収入がある人なら、申し込み可能です。
ただし、こうぎんデュオカードローンを利用している人の限度額は、ほとんどが50万円以下となっており、最高限度額は500万円に設定されていますが、限度額が100万円以上という人はあまりいないようです。カードローンを利用するようになってから、限度額を増額できるようになっていますが、大幅に増額することは無理かもしれません。
また、パートやアルバイトなどの人は、始めから限度額は30万円までと決められています。限度額の増額も恐らくできないでしょう。しかし、限度額内であれば何度でも繰り返し利用でき、クレジットカード一体型のICキャッシュカード「Duoカード」を使用している人なら、金利8.0%~10.0%と低金利で利用できます。とても魅力のあるカードローンと言って良いでしょう。


山陰合同銀行の利用体験談!

島根県にある山陰合同銀行は、健全な経営をしていて、お金を借り入れるために利用できる銀行として、高い評価を受けています。急にお金が必要になってしまい、銀行で借り入れることを検討していたのですが、さまざまな銀行の中から、山陰合同銀行で借りることにしました。利用した人の評判や、インターネットの口コミなど、幅広く情報を集めたところ、安心できる銀行だと分かりました。

山陰合同銀行では、いくつかの種類のカードローンを用意しています。借り入れる目的が明確に決まっていたため、スムーズに申し込むことができました。住宅ローン、マイカーローンなどのローンがありますが、利用したのはフリーローンでした。銀行によっては、借り入れたお金の使途が厳密に決められていて不便なことも多いですが、山陰合同銀行の場合は自由に使用することができて助かります。

山陰合同銀行のフリーローンは、保証料が必要ないというメリットがあります。保証料の負担は意外と大きいものなので、借り入れやすくなります。金利が3.5%から9.5%となっている点についても、短期間で返済を完了させたかった自分にとって、魅力的な利率でした。条件が明確なので、返済プランも立てやすかったです。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る