佐賀銀行ってどんな銀行?

佐賀銀行は、佐賀県佐賀市に本店を置く、東京証券取引所1部上場を果たしている第一地方銀行です。佐賀県と県内種痘自治体の指定金融機関として登録されております。資金量は、連結で2兆2233億6100万円で、従業員数は同じく連結で1563人です。(2014年3月31日現在データより)設立は、1882年、伊万里銀行の設立から始まり、1885年に唐津銀行の設立、1931年に唐津銀行と西海商業銀行との合併により株式会社佐賀中央銀行が誕生、1939年に伊万里銀行と有田銀行・洪益銀行・武雄銀行の合併により株式会社佐賀興業銀行が誕生、1955年に佐賀興業銀行と佐賀中央銀行との合併で現在の株式会社佐賀銀行が誕生しました。その歴史は、100年以上に渡り、その間に吸収された各行の顧客情報は、現在の佐賀銀行のお客様の顧客ニーズにお応えするツールとして、とても重要な強みとして生かされております。店舗は、佐賀県自体の経済力が九十その他の県と比較して乏しいこともあり、県外進出が顕著で、福岡県、長崎県、東京都に店舗を構えております。佐賀銀行は、福岡銀行・筑邦銀行・十八銀行・親和銀行・肥後銀行・大分銀行・宮崎銀行・鹿児島銀行・西日本シティ銀行と連携し、ATMで引出・振込を行う際の利用手数料が徴収されないようになっております。


キャッシングは行われてるの??

佐賀銀行のカードローンには「スマートSabio」があります。佐賀銀行に口座がなくても申し込め、最短で当日回答というスピード審査のとても便利なカードローンとなっています。最高限度額は500万円で、100万円までは収入証明書不要で申し込みが行え、20歳以上60歳以下の方ならパートやアルバイトで収入を得ている人でも利用可能です。ただし、収入は継続して安定していること、勤続年数が1年以上であることが必要です。申し込みは、インタネーット、FAX、郵送、電話で行うことができる他、佐賀銀行のATMを利用することもできます。
とても簡単で便利に申し込みが行える「スマートSabio」ですが、金利は6.8%~14.6%。返済は定例返済となっています。定例返済とは、毎月の返済金が一定額になっている返済方法で、返済金は1ヶ月分の金利に優先的に充填され、残りが元金に充てられます。一括払いの場合、使った翌月にキャッシングした分を全額返済する必要がありますが、定例返済の場合は毎月一定額を返済すれば良いので、返済が楽に行えます。
佐賀銀行にはもう1つ、とても使える「Neoca」というカードローンもあります。500万円まで利用可能で、金利が7.0%と低金利が魅力です。ただし、「Neoca」はパートやアルバイトの方は申し込むことができないことになっていますので注意してください。


佐賀銀行の特性を徹底解説!

さらに残る3つのカードローンの特性について説明させていただきましょう。まず、「クイックワン Super」はその名前の通り、申し込みから実際のキャッシングまでとても素早く手続きを行ってくれることが最大の特徴となっています。店頭で手続きをした場合、なんと原則として1時間以内に利用が可能となるという優れものなのです。こちらのカードローンばかりは店頭で申込むのが一番かと言えるかもしれませんね。
さて残る「おきがるポケットカードローン」と「フリーカードローン」ですが、やはりこの2つにも違いがあります。どちらも最大限度額は200万円ということでは共通しているのですが細かい点において違いがあるのです。まず前者は10万円単位で200万円まで自由にキャッシング出来るのに対し、後者は30万、50万……200万と一定のコースに従って利用することになります。そして前者は利用額が100万円以内であれば収入額や職業は問われないのに対し、後者は150万以上の収入があることが利用の条件となっています。
本当に5つのカードローン全てがそれぞれ独自の特性を持っているので、自分に見合ったカードローンを探すのには打ってつけです。カードローンとキャッシングを利用するならば佐賀銀行、と言っても良いのではないでしょうか。


佐賀銀行の利用体験談!

佐賀県に住んでいますが、消費者金融のキャッシングを複数利用してしまい、おまとめをするために銀行のカードローンが利用できないかと思い、佐賀銀行のカードローンを申し込みました。
私が選んだカードローンは、「スマートSabio」というカードローンです。本当は「Neoca」の方が低金利なので申し込みをしたかったのですが、「Neoca」は審査が厳しいという話しを聞いたことがあるので、無難に「スマートSabio」を利用することにしたのです。「スマートSabio」も限度額200万円以上なら低金利で利用できるようなので、それで良しとしました。
消費者金融のキャッシングの総額が300万円程度だったので、限度額は300万円希望で申し込みをし、審査結果の連絡を待ちました。ホームページには最短即日回答となっていましたが、私の場合、消費者金融を利用しているせいか、申し込んだその日は連絡が来ず、やっと連絡が来たのは2日後のことでした。審査結果は、何とか限度額300万円でOK。
審査に思った以上に時間がかかり、審査に通らなかったかとヒヤヒヤしましたが、延滞も滞納もせずに頑張って返済をしてきた甲斐があったようです。銀行を利用するには信用が一番大切と言いますが、やはりそれは本当のようです。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る