沖縄海邦銀行ってどんな銀行?

沖縄県は那覇市に本店を持つ第二地方銀行の一つが沖縄海邦銀行であります。しかしながら決して大きな銀行とは言えず、それを実証するのが東証に未上場であることです。ほとんどの地方銀行が東証一部に上場していることを考えるとその差が分かってしまうことでしょう。
加えて、沖縄県内には沖縄海邦銀行の他に琉球銀行、沖縄銀行といった主要銀行が既に存在しており地元のシェアとしても両行に負けてしまっております。最も、沖縄海邦銀行の設立が両行に比べてかなり遅いことを考えると仕方のないことでもありましょう。むしろ、両行が既に存在している状態で新たに沖縄県内で銀行業を立ち上げた挑戦心は賞賛に値します。何せ、両行は隔年で沖縄県の指定金融機関をそれぞれ請け負っているほどなのですから。
現状の沖縄海邦銀行は未だ発展途上であると言え、本店を新しく立て替えることが計画されていたり東証二部への上場が検討されているなど上を目指そうとする向上心は評価に値します。また、同じ第二地方銀行のよしみで九州の各第二地方銀行と提携を結んでいるなど、琉球銀行ら両行に負けない独自の関係性を保有しております。残念ながら各種コンビニATMとは未だ提携を結んでいないものの、イオン銀行やゆうちょ銀行とは提携を結んでおり、またネットバンクも有しているため全国的な広がりを持っていると言っても過言ではありません。


キャッシングは行われてるの??

先に述べたように沖縄県内でも決して規模が大きいとは言えない沖縄海邦銀行ですが、それとローンの有無自体には関係が無くもちろんキャッシングを利用することが可能です。ローン自体は各種有名銀行と同じようにカードローンやフリーローンなど自らの目的にあったローンを選択して利用することが出来ます。
ただし、安定した収入を得ていることや満二十歳以上であることはやはり最低条件であり当然沖縄海邦銀行でもキャッシングを利用したいならばこれらの条件を満たしている必要があります。またローンの種類によっては、沖縄海邦銀行の営業区域内で勤務しているか住んでいることも条件の一つとなっています。
このこと自体は他行でも珍しくない条件ですが、沖縄海邦銀行ではカードローンでもこの条件が必須となるために沖縄海邦銀行の規模を考えると他の地域の方が同行でキャッシングを利用するのは少々難しいと言えるのかもしれません。
しかしながら裏を返せば地元密着型のキャッシングとも言え、その証拠に地元公務員の方のためのローンも存在しているなど沖縄県に住んでいる人ならば沖縄海邦銀行の各種ローンは自分の条件に合ったより良いローンを選ぶことが出来ると言えるのではないでしょうか。


沖縄海邦銀行の利用体験談!

金融機関でお金を借り入れる場合は、しっかりと金融機関を選ばなければなりません。できるだけ銀行を利用するようにして、金利の負担を軽減させることが大切です。銀行は、消費者金融などの業者と比べて、金利が低めに設定されていることが多いです。その分、厳しい審査を行っているのが特徴です。

沖縄海邦銀行は、安心して利用することができる銀行の1つとして知られています。急にお金が必要になってしまったため、沖縄海邦銀行で借り入れることにしました。沖縄海邦銀行のローンには、さまざまな種類があって、どのローンが良いか決める際は迷ってしまいました。窓口の担当者に相談して、利用目的に合ったものを探すことにしました。

沖縄海邦銀行の担当者は、親身に相談に乗ってくれるので、安心して手続きを進めることができます。ローンについて、あまり知識を持っていなかったため、不安が大きかったのですが、丁寧に説明を受けることができたことで、無事に借り入れることができました。

銀行なので、返済を進めていくのもスムーズです。無理のない返済プランを立てて、しっかりと返済を続けています。金融機関での借り入れは、きちんと計画を立てる人なら不安になることはありません。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る