大分銀行ってどんな銀行?

株式会社大分銀行は、大分県大分市に本店を置く地方銀行です。大分県、大分市などからは、指定金融機関として指定されております。総資産が連結で3兆6800億500万円、従業員数が連結で2000人(2014年3月31日現在でのデータより抜粋)の東京証券取引所第一部上場会社です。設立は、1877年に第二十三国立銀行の誕生がきっかけです。1893年には、株式会社大分銀行が誕生し、1927年に大分銀行が二十三銀行を合併し、株式会社大分合同銀行となりました。そののち、1953年に商号変更し、現在の株式会社大分銀行となりました。店舗ネットワークは、大分県内を拠点都市、福岡県、宮崎県、熊本県、大阪府、東京都にも店舗を構えており、海外展開としては、香港に駐在員事務所を設置しております。関連会社には、大分リース株式会社、株式会社大分カード、大分保証サービス株式会社、株式会社大銀コンピュータサービス、大銀ビジネスサービス株式会社、大銀スタッフサービス株式会社、株式会社大銀経済経営研究所、大銀ベンチャーキャピタル株式会社、、大銀アカウンティングサービス株式会社がございます。旧本店の建物は、赤レンガ館と呼ばれる国の登録有形文化財です。


キャッシングは行われてるの??

大分銀行では他の銀行と比べてもより積極的にキャッシングを提供していると言えるのではないでしょうか。その理由は、公式サイトにおいて各種ローンに対する項目が最も目立つ位置にあるからです。つまり、それだけ自らのローンに自信を持っているとも言えるのでしょう。
さて、キャッシングと言えばカードローンが一般的ですが大分銀行では3種類ものカードローンが提供されています。「ハッピーカードローン」「スピーディ」「安心プラスサービス」の3種類ですね。そして、これらの中でも「スピーディ」は利用条件がとても限定されていると言えるでしょう。
大分銀行に限らず各種ローンを利用する場合、年齢制限内であることや安定した収入があることが利用の最低条件となります。しかし「スピーディ」ではそれに加えて、大分県で暮らしていることと大分銀行に普通預金口座をお持ちであることが条件として存在しているのです。なのでこちらのカードローンは地元県民のために特化したカードローンだと言えるでしょう。
最大利用限度額は90万円と抑え目な金額ではあるものの、アルバイトやパートといった職業の方でも利用が可能なので大分県民にとってはとても利用のしやすいカードローンだと言えるでしょう。


大分銀行の特性を徹底解説!

さて、残る2種類のカードローン「ハッピーカードローン」と「安心プラスサービス 」に関してですが前述のように必要最低限度の条件で利用が可能となっています。しかしながら、その特性は大きく異なるものなっています。
まず「ハッピーカードローン」は最大500万円までキャッシングの利用が可能であり、最低10万円単位からの利用となっています。また、金利は固定で年5.0%~14.5%となっており利用金額や条件によって金利が選択されることとなるでしょう。それに加えて現在「ハッピーカードローン」ではお得なキャンペーンが行われております。平成27年3月末までに同ローンに申込んだ場合「もれなく全員に」500円がキャッシュバックされるというものです。抽選ではなく全員にキャッシュバックがされるということを考えればかなり太っ腹だと言えるのではないでしょうか。
一方で「安心プラスサービス 」はいわば補助的なカードローンと言えるでしょう。最大利用額も50万円と低く、いざという時にお金が足りないという方のための補助的な役割としてのカードローンなのです。同ローンを利用しておけば残高が足りないときに公共料金などの引き落としがあっても足りない分を補ってくれるのでとても便利なのです。
このように3種類のカードローンはそれぞれ独自の特性を持っているので、自らに見合ったカードローンを選択することが出来るでしょう。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る