武蔵野銀行ってどんな銀行?

株式会社武蔵野銀行は、埼玉県さいたま市大宮区に本店を構える、総資産が連結で3兆9,293億4300万円、従業員数が連結で2,301名(2013年3月31日現在によるデータより抜粋)の地方銀行で、いわゆる戦後地方銀行といわれる銀行です。設立年の1952年、デフレ下における資金難の救済を目的として、埼玉県大宮市に資本金1億円・8店舗で設立されました。2003年、北埼信用組合を合併し、現在の武蔵野銀行に至ります。また、1970年には、東京証券取引所第1部上場に致しました。武蔵野銀行は、創業以来、「地域共存」「顧客尊重」を経営理念として掲げており、郷土「彩の国さいたま」の地元銀行として、総合金融サービスの向上に努め、地域金融機関として、地元のお客様に役立つことを企業使命に、地域経済・社会への貢献を果たし続けております。武蔵野銀行は、地域密着で地元のお客様に愛され続けております。武蔵野銀行の関連会社は、ぶぎん総合リース株式会社、ぶぎん保証株式会社、むさしのカード株式会社、ぶぎんビジネスサービス株式会社、ぶぎんシステムサービス株式会社、株式会社ぶぎん地域経済研究所、株式会社ぶぎんキャピタルがございます。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る