神奈川銀行ってどんな銀行?

神奈川銀行とは地方銀行の一つですが、その中でもやや規模が小さい地方第二銀行に該当します。そのため神奈川県の横浜市に本社があるという恵まれた環境にありながらも、神奈川県以外には支店をもっていないため県外の人間には聞き覚えのない銀行であると言えるでしょう。
とはいえ神奈川銀行の設立自体が横浜銀行などの参画によるものであるので、横浜銀行をはじめ複数の銀行と協力関係にあり規模は小さいながらも安定性は高い銀行であるのも特徴の一つです。また他県に支店を持たないがゆえに地元密着型の銀行として地元では知られ、神奈川県民にとっては馴染みの深い銀行であると言えるでしょう。
それは神奈川銀行自体が地域密着型金融の推進計画を長年行っていることや、地元企業へ積極的に融資を行っていることからもうかがい知ることが可能です。特に中小企業への融資は受け手側からすればとてもありがたいことであるのは間違いがなく、神奈川県で事業を起こすならば神奈川銀行という心強い味方がいることを知っておくべきでしょう。
もちろんインターネットバンクにも対応しており、セブン銀行などとの提携も進んでいるので全国どこでもセブンイレブンにおいてコンビニATMを利用することが可能です。


キャッシングは行われてるの??

神奈川銀行こと、かなぎんでもキャッシングは行われております。特に地元である神奈川県内以外に支店を持たないかなぎんだけあって地元の方にとってより利用しやすいキャッシングとなっています。
「マイサポート」、「かなぎんマイポケット」、「住宅サポートカードローン」の3種類のカードローンが存在しいずれもかなぎんの営業区域内に住んでいることが条件であるなどやはり地元に特化したカードローンとなっています。そしてその最たる例が、「住宅サポートカードローン」でしょう。こちらのカードローンはかなぎんで「住宅ローン」を利用していることが条件となりますが、その見返りは大きくなんと最大で200万円までを固定金利の年利率6%という低さで利用することが出来るのです。神奈川県内にお住まいの方ならばかなぎんで「住宅ローン」を利用している方も少なくないでしょうから、そういう方にとってはうってつけのカードローンだと言えるでしょう。
残る2つのカードローンは最低限度の条件、安定した収入を得ていることと年齢制限をクリアしていれば利用することが可能なので神奈川県内にお住いの方ならばやはりキャッシング及びカードローンはかなぎんが一番だと言えるのではないでしょうか。


神奈川銀行の特性を徹底解説!

さて、住宅ローンを利用している方以外では残る2種のカードローンの方がピッタリだと思いますのでその特性を軽くご紹介したいと思います。かなぎんのカードローンの場合、「マイサポート」が100万円まで、「かなぎんマイポケット」が30万円までと小口の利用に重きを置いた内容となっています。もちろん利用限度額が低い分利用がしやすく審査も通りやすくなっているわけですが、どうしても多額の利用がしたいというかたはかなぎんのフリーローンの方をオススメします。フリーローンならば最大500万円まで利用可能なローンも存在していますので。
しかしやはり利用の手軽さという意味ではカードローンの方に軍配が上がるでしょう。そして見逃せないのは限度額が低めであるにも関わらず金利も低いということです。たいていのカードローンの場合、最低金利は低くても利用額が少ない場合はその低金利の恩恵を受けられないことも少なくありません。
ところがかなぎんでは「マイサポート」が固定金利で年利率が7.3%~11.3%という低金利となっています。これは限度額が100万円ということを考えればかなりの低金利だと言えます。また、「かなぎんマイポケット」も固定金利で年利率が13.0%と、やはり30万円以下のキャッシングとしては他に例を見ないほどの低金利なのです。ここまでの低金利でキャッシングを利用出来るとなれば本当に神奈川県民の方が羨ましいほどですね。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る