十六銀行ってどんな銀行?

株式会社十六銀行は、岐阜県岐阜市を本拠点として構え、本店を置く、総資産が連結で5兆6,677億9,900万円、従業員数が連結で3,565人(2013年3月31日現在におけるデータより抜粋)の東京証券取引所第一部上場の歴史ある地方銀行です。拠点地である岐阜県では預金・貸金残高共に、シェア3割前後を占めるリーディングバンクであり、東海3県下に本店を置く地方銀行・第二地銀・信用金庫としては最大規模です。十六銀行誕生の軌跡といたしましては、1877年の第十六国立銀行が始まりです。その後、1896年、株式会社十六銀行として発足。1972年、東濃信用組合の営業を譲受。1987年、岐阜中央信用組合の営業を譲受。1997年、土岐信用組合の営業を譲受。2000年、名古屋銀行と業務提携を締結。2012年、岐阜銀行を吸収合併し現在に至ります。創業時には、第一銀行の流れを汲む、現在のみずほ銀行の前身である第一勧業銀行にご指導を受けており、親密関係のある銀行でしたが、1980年代後半からは、現在の三菱UFJ銀行の前身である三菱銀行と親密な関係性となりました。その一方、都市銀行出身者が取締役におらず、天下りがない健全な銀行です。


キャッシングは行われてるの??

十六銀行には4種類のカードローンが用意されています。
カードローン「With」は、融資極度額10万円以上500万円以内(10万円単位)、金利年5.9%~年10.9%で、申込み時に住宅ローンの1年以上の利用や当銀行への給与振込の指定などの条件を満たしていればさらに年2.0%引き下げを受けられます。借入額によって返済金額が変わります。借入額が50万円以下ならば月々10,000円の返済ですので幅広く利用できます。
じゅうろく総合口座<メリット20>は、融資極度額 20万円、金利は年13.80%、返済方法は任意返済ですので総合口座へ入金すれば随時返済できます。
教育ローン「ニューマイカードローン」は、融資極度額50万円以上300万円以内、金利年3.975%で、大学院・大学・専門学校・予備校などの就学資金・在学資金に活用できます。
Qローン は、融資極度額1万円~300万円、金利は年7.6%~14.95%、パート・アルバイト・専業主婦でも申込めるお気軽なカードです。十六銀行ATMおよびセブン銀行ATMで借入れでき、返済額も利用料によって借入金額10万円以下は3000円以上、借入金額20万円以下は6000円以下、借入金額30万円以下は9000円以上の返済金額が設定されています。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る