常陽銀行ってどんな銀行?

常陽銀行は、茨城県水戸市に本店を構えている地方銀行で、旧川崎財閥の流れを汲んでおり、1935年創業の歴史ある銀行です。1992年にサッカーJリーグが出来た当初から、茨城県鹿嶋市に本拠地のあるサッカークラブ鹿島アントラーズのオフィシャルスポンサーです。そのため、代々鹿島アントラーズの選手が数多くこの常陽銀行のイメージキャラクターをつとめてきました。

本業の銀行業では、総資産が約8兆5千億円(平成26年3月決算)と、日本の銀行中で13位という地方銀行としてはかなり規模の大きい銀行です。

基盤となる茨城県は平野部が多く、農業の産出額が全国2位と農業が盛んな県であり、また、首都圏に近いことから製造業も盛んな土地ですので、常陽銀行は農業及び製造業に積極的な投資を行っています。近年では秋葉原とつくば市をつなぐつくばエクスプレスが開通しました。つくばエクスプレスの終着駅であるつくば駅周辺の筑波大学や各省庁の研究機関からなるつくば研究学園都市が広がっていますが、エクスプレス開通後には駅周辺はさらに大きな発展をみせています。その開発の資金繰りに一役買っているのもこの常陽銀行です。

一般的に地方銀行は地元の産業と密接な係わり合いがありますが、常陽銀行は茨城県の地方銀行として古くから茨城県の地域社会に深く根ざしています。


キャッシングは行われてるの??

常陽銀行は茨城県を拠点とする地方銀行です。常陽銀行ではお客様のニーズに合わせた様々なキャッシング、ローンのサービスを提供しています。住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、ブライダルローン、介護ローンなど人生の節目節目で何かとお金が必要な時のために色々なローンがあります。また、常陽銀行には「キャッシュピット」というキャッシングサービスがあります。このサービスは、常陽銀行に口座がなくても利用可能です。また、主婦やアルバイトでも申し込むことができます。常陽銀行に口座がなくても利用できますが、口座があれば更に便利になります。まず、口座を持っていて午後2時までに手続きが済めば最短で即日融資が可能です。口座がない人でも、2,3営業日で利用できるので、急にお金が必要になった時にも安心です。二つ目として、提携しているコンビニATMと常陽銀行のATMで融資・返済することができます。茨城県内のコンビニであればほとんど常陽銀行に対応しているため、手軽にお金を借りられます。金利は年7.8%~14.8%と他の銀行や消費者金融に比べると少し高めではありますが、短い期間お金を借りるならば問題ありません。申し込みはWebまたは電話ででき、来店することがないのでセキュリティも万全です。このように、常陽銀行でも様々なお客様に合わせたキャッシングサービスを行っています。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る