北都銀行ってどんな銀行?

株式会社北都銀行は、秋田県秋田市に本店を構える、総資産が連結で1兆2,383億900万円、従業員数が連結で852人(2013年3月31日現在のデータより抜粋)の地方銀行です。北都銀行は、設立年の1895年、株式会社増田銀行として平鹿郡増田村に設立されたのがきっかけです。その後、1922年、株式会社羽後銀行に商号変更。1928年、大館銀行と仁賀保銀行を九州合併。1949年、旧秋田あけぼの銀行である秋田無尽を設立。1951年、旧秋田あけぼの銀行である秋田相互銀行に改称。1989年、普通銀行化により、秋田相互銀行から秋田あけぼの銀行に改称。1993年、秋田あけぼの銀行と合併し、現在の株式会社北都銀行に商号変更するに至りました。横手市、にかほ市等の指定金融機関です。また、2009年、山形県を拠点として構える荘内銀行と経営統合を行い、現在は、金融持株会社・株式会社フィデアホールディングスの子会社となっております。幅広い店舗ネットワークと多様性に富んだ営業活動、工夫を凝らし、充実した商品サービスを通し、地域密着で地域貢献の姿勢を持ち、お客様の多様なニーズにお応える質の高いサービスをご提供しております。


キャッシングは行われてるの??

北都銀行でもキャッシングを利用することが可能となっています。また北都銀行の場合は各種全てのローンを総称してスーパーアシストローンと呼称されており、その中からカードローン及びフリーローンといったキャッシングを利用するのに適した各種ローンを選択するという仕組みになっています。
さて、北都銀行に限らずこれらのローンを利用する場合には年齢制限や安定した収入を得ていることなど必要最低限の条件というものがあります。とはいえこれらの条件はほんとうに必要最低限度の条件であり、銀行によっては収入の額が規定されていたり、勤務年数に制限があったり、銀行の営業区域内で生活している必要があるなと様々な条件が加算されていることも珍しくありません。
しかしながら北都銀行においてはこのような煩わしい各種条件が必要なく、安定した収入を得ている方ならばアルバイトやパート、専業主婦の方でも日本全国誰でもどこからでも利用することが可能となっています。これは地方銀行としてはとても珍しいことです。
インターネットによるキャッシングの申込みが一般化している中、営業区域内という条件は各種ローンを利用する上で枷にしかならずそのことを理解している北都銀行は他の地方銀行と比べても1枚上手だと言えるでしょう。


北都銀行の特性を徹底解説!

当然そんな北都銀行の「スーパーアシストローン」はとても利用のしやすい特性を持っています。カードローン、フリーローンともに利用限度額は500万円と多額のキャッシング利用にも対応しており、金利も固定金利型で6.500%~14.600%となっているので金利の変動に一喜一憂することなく安心してキャッシングをすることが可能となっています。
またアルバイトやパートなど主に小口での利用がメインとなるような方々への配慮も欠かしていません。アルバイトやパートなどの職業の方の場合、両ローンとも利用最大限度額が30万円と抑えられているのです。これは限度額が低い、と思うのではなく過度なキャッシングをしてしまうことを未然に防いでくれている、と思うべきでしょう。
あまり収入が多いとは言えない職業の方々にとって過度なキャッシングを利用させてしまうようでは、総量規制以前の消費者金融と変わらないからです。無理のない範囲でローン及びキャッシングを利用させるというのが銀行のローンの特性であり、それが銀行系ローンに総量規制が反映されなかった最大の理由なのですから。
即ち、北都銀行では自分の収入に見合ったキャッシングを自ら言わずとも銀行側から提示してくれる。そんなキャッシングの利用の仕方が出来る銀行だと言えましょう。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る