肥後銀行ってどんな銀行?

株式会社肥後銀行は、熊本県熊本市に本店を置く、総資産が連結で4兆4,983億4900万円、従業員数が連結で2,433人の(2014年3月31日現在におけるデータより抜粋)地方銀行です。熊本県では、指定金融機関とされております。創立年1879年、第百三十五国立銀行設立が肥後銀行の誕生のきっかけとなりました。その後、1899年、普通銀行に転換し、九州商業銀行となり、1918年には、熊本銀行に商号変更。1925年、熊本銀行・飽田銀行・植木銀行の3行による合併で、肥後協同銀行が設立され、1928年には、現在の株式会社肥後銀行に商号変更致しました。また、2014年11月、肥後銀行と鹿児島銀行は経営統合に向けての協議・検討を進めることで基本合意したと発表され、共同金融持株会社を2015年10月1日に設立するため、準備を進める方針であります。本拠点である熊本県で屈指の金融機関であり、県内でのシェアは、6割にも達しております。この数値は年々増加しており、肥後銀行がメインバンクとしてお客様に頼りされる存在として確立していることがわかります。店舗ネットワークは、熊本県内の他に、福岡県、九州、九州外では東京都と大阪市に店舗を構えております。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る