中京銀行ってどんな銀行?

株式会社中京銀行は、愛知県名古屋市中区に本店を構える、総資産が連結で1兆8,324億300万円、従業員数が連結で1,252人 (2014年3月31日現在でのデータより抜粋)の第二地方銀行です。創立年1928年に、中京銀行の前身となる三重殖産無尽株式会社が設立されました。1936年には、三重相互無尽と合併し、八紘無尽を設立。1943年、紀勢無尽と合併し、八紘無尽株式会社として商号変更。1948年、宝無尽と合併し、株式会社太道無尽に商号変更。1951年に、相互銀行へと転換し、株式会社太道相互銀行に商号変更。1969年に、名古屋信用金庫、海部信用組合と合併し、株式会社中京相互銀行に商号変更。1972年、名古屋商工信用組合と合併。1989年に、普通銀行へと転換し、現在の株式会社中京銀行へと商号変更するとともに、東京証券取引所第一部上場を果たしました。2002年に、第三者割当増資によってUFJ銀行及びUFJホールディングスの関連会社となったことを機に、歴代代表取締役頭取は旧東海銀行出身者が務めており、人的な結合も非常に強くございます。関連会社は、中京ビジネスサービス株式会社、株式会社中京カード、キキョウサービス株式会社、中京ファイナンス株式会社、中京総合リース株式会社です。


キャッシングは行われてるの??

中京銀行でもキャッシングは行われております。いざ中京銀行でキャッシングをするならばやはりカードローンによる利用がメインとなるでしょう。中京銀行には2種類の「C-style」と「ハイステージ」というカードローンが存在しており、用途に応じて自らに合う方を選択することが可能となっています。
さて、一つの銀行に2種類のカードローンがある場合ほとんどの銀行ではノーマル版とプレミアム版というような分類をされている場合が多いですが、中京銀行の場合はその例には含まれません。というのも、それぞれに独自性があり単に利用限度額が大きいとか小さいとかで分類されているわけではないからです。
例えば利用限度額を比べると「C-style」が500万で「ハイステージ」は300万と、前者の方が上回っています。しかしながら金利を比べると「C-style」は固定金利方式の年4.900%~年14.500%であり、「ハイステージ」は変動金利方式で年7.500%と必ずしもどちらがより好条件であるとは断定できない状況なのです。であるからして自分の使用目的と、両カードローンの利用条件を照らし合わせてどちらのカードローンがより自分に向いているのか考えてみるのが良いでしょう。


中京銀行の特性を徹底解説!

どちらのカードローンを選ぶべきか、両カードローンの特性を把握しておきましょう。まず両カードローンとも利用する上で最低限必要な条件があります。年齢制限内であること、安定した収入を得ていること、そして中京銀行の営業区域内で生活していることです。
これらの条件においては共通している両カードローンですが、決定的な特性の差もまた存在しています。それは「C-style」ではアルバイトやパートの方も利用可能なのに対し、「ハイステージ」では明確に「パート・アルバイトの方はお申込みできません」と条件付けされてしまっていることです。これに加えて年収が300万円以上であることも「ハイステージ」を利用する上での条件となっています。
このことを考えれば「ハイステージ」がプレミアム版のように思えるかもしれませんが、アルバイトやパートの方も利用可能な「C-style」の方が利用限度額が上なのを忘れてはいけません。なのでやはりどちらがプレミアム版という分け方は出来ないのですが、条件の少なさを考えればより利用しやすいのは「C-style」だと言えるでしょう。
いずれにせよカードローンは24時間どこでも自由にキャッシングが可能なことが最大のメリットであり、そのことはどちらのカードローンにおいても変わることはありません。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る