筑邦銀行ってどんな銀行?

株式会社筑邦銀行は、福岡県久留米市に本店を構える、総資産が連結で7,182億9400万円、従業員数が同じく連結で676人(2014年3月31日現在でのデータより抜粋)の地方銀行です。他の地方銀行のように、東京証券取引所第一部上場は果たしておらず、福岡証券取引所単独上場銘柄です。いわゆる戦後地方銀行であり、拠点地である福岡県外の店舗は、佐賀県、大分県、東京都に店舗を構えます。1952年に、久留米市をはじめとした福岡県南部の旧3市7郡の商工会議所、商工会が中心となり、地元の中小企業の方々の資金不足の打開と地元産業の育成、振興を使命として株式会社筑邦銀行が設立されました。福岡銀行の前身である筑邦銀行と同じ名前ではありますが、関連性はございません。関連会社は、筑銀ビジネスサービス株式会社、ちくぎんリース株式会社、株式会社ちくぎん地域経済研究所、筑邦信用保証株式会社です。 地域社会へのご奉仕、総合金融サービスの向上・充実 、信頼される銀行づくり、人材の育成と活力ある職場づくりの4つの基本理念を掲げ、地域密着型経営で地域のお客様により質の高いサービスをご提供することに努めております。九州ATMネットワークにより、福岡銀行・佐賀銀行・十八銀行・親和銀行・肥後銀行・大分銀行・宮崎銀行・鹿児島銀行・西日本シティ銀行のカードによるATMでの出金は、自行での扱いとなります。


キャッシングは行われてるの??

筑邦銀行でも各種ローンを利用したキャッシングは行われています。特にカードローンに関しては、なんと5種類ものカードローンが取り扱われています。「ミニカードローン」「エクセルカードローン」「Myポケットカードローン」「キャンパスカードローン」「住まいるカードローン」の5種類ですね。
そしてこの中でより幅広い年齢層にうってつけなのは「エクセルカードローン」だと言えるでしょう。他のカードローンは利用条件が限定されていたり、限度額が控えめだったりと利用目的が合致する方以外では利用しづらい部分もあるからです。
その一方で「エクセルカードローン」は最低限度の利用条件、即ち年齢制限や安定した収入があることさえ満たしていればパートやアルバイト、専業主婦の方でも利用が可能となっているからです。限度額も500万円と多額のキャッシングにも対応しており、金利も上限で年11.80%とかなり低いものとなっています。加えて大きいのは他行の銀行でありがちな、営業区域内に住んでいる、という条件がないことです。全国どこで暮らしていてもキャッシングが利用可能であるというのは無視できないメリットであり、多目的にキャッシングを利用したいというならばこの「エクセルカードローン」がオススメだと言えるでしょう。


筑邦銀行の特性を徹底解説!

反対に特定の条件下であれば是非ともオススメしたいカードローンが2つあります。「キャンパスカードローン」と「住まいるカードローン」です。この両ローンはそれぞれ面白い特性を持っているのです。
まず「キャンパスカードローン」はその名の通り、大学生や専門学生などの学生の方を対象としたいわゆる学生ローン的な内容となっています。そのため満18歳以上30歳以下の学生の方を対象としており、限度額も30万円、金利も年8.8%と学生生活に影響が出ない無理のない範囲での利用が可能となっています。
そして「住まいるカードローン」にも独特な特性があります。同ローンは所謂住宅ローンを利用している方専用のローンであり同じようなローンは他行でも見かけることが出来ましょう。しかし他行と違う点は、「他行の住宅ローンを利用している方も対象となっている」ということです。自行のみならず他行の住宅ローンでもOKとはこれほど太っ腹なカードローンもそうそう見たことはありません。限度額も300万円とまずまずの額であり、変動金利ではあるものの最低金利はなんと年3.50%という低さを誇っています。これほどまでの好条件ならば他行を利用している方でも「住まいるカードローン」を利用したくなってしまうでしょうね。
このように、多目的にそれぞれのローンに特性を持たせているのが筑邦銀行の特徴だと言えるでしょう。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る