秋田銀行ってどんな銀行?

秋田銀行は、秋田県秋田市に本店を置く、総資産連結で2兆6028億3400万円、従業員が同じく連結で1554名(2013年3月31日現在でのデータより抜粋)の第一地方銀行です。秋田魁新報、JA秋田県本部と共に秋田県を代表する企業の一つとされております。創立は、1879年、第四十八国立銀行の誕生がきっかけです。1889年に普通銀行に転換したのち、1896年に旧株式会社秋田銀行を設立。1897年に合資会社湯沢銀行を創立し、1941年に、第四十八銀行・秋田銀行・湯沢銀行の3行が合併して、株式会社秋田銀行が設立されました。1943年には、秋田貯蓄銀行を吸収合併。1974年に東京証券取引所第一部上場を果たし、現在に至ります。銀行同士の関係として致しましては、メガバンクでは三菱UFJフィナンシャル・グループとの関係性が近く、地方銀行間は、青森銀行・岩手銀行・東邦銀行・北海道銀行・山形銀行とATM共同利用を行っております。また、秋田信用金庫・羽後信用金庫・秋田県信用組合、JAバンク秋田とは、秋田あったかネットにより、ATM共同利用を行っております。ライバル行は、北都銀行で、県全体や秋田死出のシェアは高いものの、北都銀行の前身である羽後銀行のシェア名残から、県南部のシェアは北都銀行がやや優勢であります。


キャッシングは行われてるの??

秋田銀行には2つのカードローンがあります。そのひとつ、プライムカードは、限度額が10万円から300万円までで、それぞれの借入額に応じた金利(または審査による金利)が年5.0%から9.8%かかります。100万円以下の申し込みは所得証明書を出さずに申し込めるのでとても利用しやすいです。事前申し込みから最短3営業日で借り入れが可能です。もうひとつはSMART NEXTというカードで、限度額は最小30万円から最高500万円まで、それぞれの借入額に応じた金利(または審査による金利)が年5.8%から14.8%かかります。借入額に応じて金利がプライムカードより上ですが、銀行ローンなのでそれでも低めの設定で安心です。こちらのカードも、100万円以下の申し込みは所得証明書を出さずに申し込めます。プライムカードよりも審査が速く、最速当日中に回答可能なので急ぎの出費時に便利です。返済は返済日前日の借入残高に応じて、指定の普通預金口座から自動返済されます。どちらのカードも利用限度額以内であれば何度でも借入れ可能、約270か所にあるあきぎんATMをはじめ、コンビニに設置されたATM、さらに提携金融機関のATMで借入れできます。毎月の返済のほかに、資金に余裕がある時はATMなどでの随時返済もできます。


FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る