事業資金を借りたい場合はビジネスローン


自分で商売をやっている自営業や個人事業主の人は、
資金繰りにはとても気を使っているはずです。
それもそのはずサラリーマンのように毎月の給料が決まっているわけではありません。

忙しい人なら毎月の休みも1日や2日くらいしかない人もいます。
それでも自営業をやっている人は、仕事をしていても収入がなければ、
経費の支払いや自分のおこずかいなどにお金を使うことができません。


自分のおこづかいなどはキャッシングを利用することもできます。
しかし、個人向けのキャッシングは貸金業法による総量規制がかかりますので、
給与の3分の1までしか借りることができません。

しかし、自営業を営んでいる人はこうした個人向けの融資を使うのではなく、
別にビジネスローンといった事業資金を融資するキャッシングがあります。
事業資金用のキャッシングは自営業者向けのキャッシングだと考えてもらえるといいでしょう。

こうした事業資金専用のローンを使うのは、一つには銀行からの融資が使えない場合があるからです。

また、銀行の融資があったとしても審査に時間がかかったり、
保証人を必要としたり、担保を要求される場合があります。


審査で見送りになってしまったら?

事業資金はどうまかなう? そして、いろいろと審査があったにも係わらず結果的に融資が見送りになることもあります。
こうした手続きの煩雑さや自営業をしている人にあまり融資してくれないなど、
銀行での借り入れは意外と難しいものになっています。

しかし、銀行で借り入れをする最大のメリットはその金利の安さにあると思います。
結果的に借りることができなければ、資金繰りに困ります。
そこで事業資金を借りることのできるキャッシングとしてビジネスローンを利用しようということです。

事業資金を借りるためのビジネスローンは審査の内容や資料が個人向けのキャッシングと少し違います。
確定申告書は必ず必要になります。自営業を営んでいる人なら青色申告でも白色申告でもいいので、
確定申告書の写しを用意してください。

この確定申告書には税務署の受付印が必要になります。税務署の受付印がないものは無効となりますので、
手元に控えが無い人は一度税務署へ問い合わせしてみましょう。

また、事業計画書などの資料も必要です。
これは審査の際にも重要な資料になりますので、手を抜かずにしっかりと記入するとよいでしょう。
しっかりとした事業計画の作成は個人事業であっても必要なことです。

事業資金ならまずはビジネスローン!
ビジネスローンなら超低金利!
おこづかいなら、キャッシングの利用も考えましょう。

ココがポイント!

事業資金に関しては、当然キャッシングは使わないべきです。
そもそもキャッシングは年収の3分の1までしか借入ができないので、
従業員の給料を賄うのは限界があります。
会社自体に存続させる価値のある会社であれば、
銀行のビジネスローンの審査も通過すると思うので、
一度きちんと事業計画を引いて提出してみましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る