架空請求が怖いキャッシング。

架空請求ってほんとにある? 最近特に問題となっているのが、
オレオレ詐欺振込み詐欺、インターネットではワンクリック詐欺などになります。
キャッシングでも架空請求といった詐欺が相次いでいるので注意しなければなりません。
キャッシングの架空請求に関しても、
見に覚えのない金額の請求が来たら、疑ってみる必要があります。

また、キャッシングを利用した際の明細などは利用した際に必ず保管しておくことをお勧めします。
最近ではネットなどで利用明細を見ることができるようになっています。
IDやパスワードを盗まれたりするとキャッシングサイトの情報を利用されたり、振込みを利用されたりすることがあります。

特にそんな頻繁に利用しない人なら、
そのまま知らないままでお金だけ騙し取られてしまうこともあります。
架空請求などでは、ハガキやFAXなどで支払いの請求が来たりすることがあります。


使えるカードだけ残すこと

そんなキャッシングの覚えがないのに、
金額の請求だけやってきたとしたら少し気をつけてください。

また、もしかしたら個人情報が漏れている可能性もあります。



例えば、郵便ポストからクレジットカードやキャッシングの明細が抜き取られてしまうこともあります。
クレジットカードやキャッシングの明細には口座番号までは書いていませんが、
利用明細やカード会社の情報がわかってしまうことがあります。
そこから足がついて架空請求されることがあるわけです。

ここで注意することは、わけのわからない理由での振り込みや見に覚えのないキャッシング履歴などがあれば、
一度キャッシング会社に電話連絡してみることをお勧めします。
もちろん、届いたハガキやFAXではなく、カードや契約書などに書かれている電話番号に電話してみてください。

そうすると利用実績などが明らかになるでしょう。また、普段サイトなどで利用実績を確認していない人でも、
数ヶ月に1度はサイトの利用実績を見てみるとよいでしょう。
完全に忘れてしまっている人は、
今自分の持っているキャッシングのカードを確認してみて利用残高を確認しましょう。


もし利用していないカードがあれば、架空請求防止のためにすぐに解約することをお勧めします。
使っていないカードを整理することで、架空請求されないようにすることももちろんですが、
使えるカードだけ残すことができとてもよいことだからです。



架空請求は知らないだけで、実は発生している!
ネットのログインIDなどは複雑にしよう!
パスワードも別のサイトと分けることが重要

ココがポイント!

もちろんキャッシング会社に言えば、免責などの対応をしてくれる会社もあるでしょうが、
その手間だけでも勿体ないと思いませんか?
勿体ないと思うのであれば、毎月の利用明細はきちんとチェック!
そしてパスワードなども流用せず、独自のものを設定しましょう!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る