お正月のキャッシングには注意点もあります。

お正月の営業について 元旦はキャッシングは出来ません!
お正月に必要なら、早めに対策しましょう!

お年玉などでお金が飛ぶので、想像以上にお金が飛ぶでしょうが、
前もって対策すれば恐れることはありません!

お正月はお年玉などを親戚の人や自分の子供にあげることがあります。そんなときたくさんのお金や小銭を用意しなければなりません。
そうです、お正月もお金が必要な時期になります。
冬のボーナスが出たからといってクリスマスまでに使ってしまうと、お正月のお年玉を用意できないこともあります。
そんなときはキャッシングを利用しましょう。

たくさんの親戚がいる人なら少し見栄を張って、いつもよりたくさんのお年玉を入れたりするでしょう。

また、お正月に宴会を開くこともありますが、そんなときでも飲み代や食事代などもいつもよりたくさん必要です。


じゃあ元旦のお金はどうすればよいの??

キャッシングをどのように使えば、お正月のお金がたくさんいる時期を乗り越えられるでしょうか?

  1. まず、お正月に関していうと元旦から営業しているキャッシング業者はほとんどないといってよいでしょう。
    つまり、元日にお金が必要だからと思ってキャッシングの申し込みをしてしまうと、
    元日は営業しておりません、という言葉が返ってくることになります。
    さすがの消費者金融でも元日からの営業をしていないということですから、
    お正月にお金を間に合わせたいと思ったら、それ以前に申し込みをしておきましょう。
    お正月のキャッシングには注意点もあります。

  2. キャッシングの申し込み自体はたいていは30分から1時間ほどで終了します。
    最近ではスマホやネットでの申し込みも主流となっていますので、
    家にいながら散歩しながらカフェでもキャッシングの申し込みができるというわけです。
    キャッシングでは、必要書類もあります。まず一つ目は【身分証明書】になります。
    身分証明書は免許証や健康保険証などになりますので、
    スマホなどで写真に撮ってから画像をアップロードするなどの少しの作業で資料を提出することができます。
    また、50万円以上の借り入れになると身分証明書以外にも必要なものが出てきます。
    それは【収入証明書】になります。

  3. 収入証明書は前年度の源泉徴収票や納税証明書などが必要になりますが、
    手元にないとか市役所に行くのが面倒だという人は、給与明細書などを使うこともできます。
    審査が通れば、いつでもキャッシングができるようになります。
    お正月の前のキャッシングもお正月の後のキャッシングもどちらもネットやカード一枚でATMで出金が可能です。
    ピンチのときの一枚として申し込んでおいてください。
元旦は当然休業日!
出来るだけ、年末に借入を済ませましょう!
年末はたいてい30日までは営業しております!

ココがポイント!

正月になってしまうと、セールなどは色々あるのに、お年玉も要求され、お金に困ってしまいますよね?
そんな方は出来るだけ、年末の間に借入を行うようにしましょう!
もちろん、今後自動契約機の利用によって借入は可能になるかもしれませんが、
今ではまだ、あまり対応されてません!お借入はお早めに!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る