事業をしている人はビジネスローンがおすすめです。

お金を借りる手段はキャッシングだけではありません。
ビジネスローンなども利用して、きちんとした資金政策を行いましょう!
あなたにはあなたのお金の借り方があります!誰にとってもベストな資金政策などないのです!



個人のキャッシングにはフリーローンなどが一番いいと思いますが、
貸金業法の総量規制がかかります。キャッシングでの総量規制は、
借り入れ総額が年収の3分の1を超える場合にそれ以上の貸し出しを規制するものです。
そのため、例えば年収400万円の人であれば、400万円の3分の1の133万円ぐらいまでしか借りることができません。
この場合、キャッシングの利用限度額は100万円や120万円程度に抑えられるようになっています。
ところが、個人事業主で商売などを行っている場合には、
個人向けの貸し付けであるキャッシングを利用しなくてももっといい方法があります。
それはビジネスローンです。
消費者金融では個人向けのキャッシングを商品として出していると同時にビジネスローンというものも用意しています。


ビジネスローンとはどういうものか?

自営業の方のキャッシング方法 それでは、ビジネスローンとはどういうものでしょう。
ビジネスローンはとても使い勝手のよいものです。
中小企業などで会社経営者や自営業を営んでいる人を対象にしています。

例えば、飲食店や理髪店など小さい規模で仕事をしている場合です。
商売をしている人や新規で事業を行う場合は、
通常は銀行から融資を受けるのが普通です。
しかし、銀行の融資は、融資を受けるまでに時間がかかったり、審査が厳しい場合があります。
時間がたくさんかかったからといって審査が通ることはありません。

いろんな銀行に話を持ちかけて結果的に断られることがあります。でも困ったときには消費者金融のビジネスローンがあります。
ビジネスローンは即日から融資を行うこともありますし、
長くても5日以内に融資が決まってお金が入ってきます。
このように短期間で融資が行われるので、
小規模の事業を行っている事業主にとっては資金繰りに困っても頼りになる存在としてビジネスローンを利用できます。

また、ビジネスローンは個人向けではありませんので、貸金業法による総量規制の対象にはなっていません。
自分の年収とは関係ないという点もうれしいところです。

個人事業をしている人にとっての生命線は、資金繰りです。

中小企業には中小企業にふさわしいお金の借り方があります。
それは個人向けキャッシングではなく、ビジネスローンという選択です。
こうしたローンはきちんと使い分けすることで、よいお金の使い方をしていけばいいでしょう。



キャッシングが全てではない!
ライフイベントにはほとんど専門ローンあり!
金利はキャッシングよりも安い場合がほとんど!

ココがポイント!

お金を借りるとなると、ほとんどの方がキャッシングを
思い浮かべますが、専門のローンというものもかなりの数存在しております。
例)カーローン、ブライダルローンなどなど、
出来るだけ専門のローンを組んだ方が金利も安く抑えることが可能なので、
キャッシングに絞らずに広い視野で借入方法を検討するようにしましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る