収入証明書とは?

収入証明書の取得方法 キャッシングを利用する際に提出を求められることが多い、収入証明書
収入証明書は、所得証明書とも呼ばれています。
前年の1月1日から12月31日まで、
一年間にどれだけの収入を得ることができたのかを証明するために使い書類となります。
では、一体どの書類が『収入証明書』にあたるのでしょうか?
一般的に該当するのは以下の書類になります。

①源泉徴収票
主に働いている先から渡されるもので一年間にどれだけの収入(給与)があったのかが分かる書類になっています。

②確定申告書(確定申告書の控え)
個人で働いている方は必ず行っているであろう確定申告の書類です。
こちらも個人の年収が分かるものとなるので収入証明書として利用することができます。

③住民税の証明書
(課税証明書、非課税証明書、納税証明書)



これらのうち一つを準備し、キャッシング会社に提出すれば収入証明書を提出した事となり、
利用が可能な条件を満たすことができます。



各種証明書はどうすれば手に入る?

収入証明書にあたる書類を取得するには一体どうすればいいのでしょうか?
これは提出する書類によって申請先が異なってきます。

①源泉徴収票
主に勤めている会社が管理・作成する書類であるため会社の人事の方、
もしくはそういった書類関係を管理している事務などに連絡
するのが一番でしょう。
また組合がある会社は組合に連絡した方が早い場合もあります。

②確定申告書(確定申告書の控え)
主に個人が作成・管理して市町村に出している書類のため、
控えは手元にあることが多いです。申請などの必要がありません。

③住民税の証明書
各書類は住んでいる市町村の役場に行って申請します。
書類は発行してもらえますが、発行の為の手数料は掛かります。手数料は各市町村ごとに異なっています。

大抵の場合は、源泉徴収票や確定申告の控えで済むことが多いですが、
どちらも持っていない、紛失してしまった、会社にはお願いしたくない、
などの場合は必ず役場に行って証明書を発行してもらう方が早く済むでしょう。
キャッシング会社に、先にどの書類が適応になるのかを確認しておくのも良いです。

収入証明書は3パターン!
昨年度分が基本的に有効となる。
獲得方法をチェックし、できるだけ早めに対応しよう!

ココがポイント!

収入証明書の準備の仕方で困る方はとても多いです。
特に会社の方に迷惑をかけたくない方は源泉徴収票は使えません。
だからこそ、住民税の証明書が必要なのですが、
役場の営業時間はとても短いので、出来るだけ余裕をもっていくようにしましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る