利息? いえいえ、無利息?

無利息期間の理由と使い方 キャッシングを利用するにあたり、必ずついてくるのは金利手数料です。

しかし、その金利手数料が少なく済むならそれに越したことはない、と考える利用者は多いはずです。

今現在は、沢山のキャッシング会社がサービスを展開しており、
利用してくれる方(ユーザー)を日々取り合いになっているような状況となっています。そのなかで自社を選んでもらう為、
またユーザーが選びやすくするために設けられたのが、
キャッシング利用時の無利息期間です。

文字通り、キャッシングを利用する際に発生する利息を無料にしている期間ということで、キャッシングを利用する際に負担が軽減されるようになります。負担が軽減されれば、ユーザーはもっと利用したいと思いますし、
他の会社よりも無料期間が長い会社を探す人も出てくるでしょう。

こういった利用者へのメリットを高めることで、キャッシングを利用してもらうというのがキャッシング会社の目的でもあり、利息が下がれば利用しやすいという利用者へへのサービスでもあるのです。


無利息期間は主に二つのパターン

無利息期間の割り振りは各キャッシング会社によって違います。
ですが、各社傾向をまとめると大きく二つのパターンに集約されていることが多いです。

その1)初回借入時に無利息期間をつける
初回のキャッシング利用時に長めの無利息期間を設けてくれる傾向があり、
初めての時は何かと返済が遅れてしまったり、慣れていないことばかりなので

返済予定日までフォローできる日数が提示されていることが多いです。
大凡一カ月(30日分)が平均となっています。

その2)条件に合わせて長めの日数を利用できるようにする
各キャッシングのサービスを利用する際に、その会社の会員になったり、利用年数などに応じて特典で得ることができる無利息期間。条件によっては180日など長めの期間を利用することができ(こう言った場合は借入金額が低いのが多いです)、利用に応じて選ぶことができるのが特徴です。


上記の二つのパターンを合わせもっている会社などもあり、
選ぶ幅は様々です。利用する側が利用しやすい会社を選んでいくことができるのも、
キャッシングのメリットと言えます。

サービスを上手に活用して、スムーズなやり取りをしていくのが良いでしょう。

無利息期間の設定方法は多種多様
30日以上の設定を行ってくれる会社も有り!
返済スケジュールと併せて、チェックしよう!

ココがポイント!

直近、テレビCMが、銀行カードローンやキャッシングに
ジャックされていることからわかるように、
ユーザー獲得競争はとても熾烈です。
だからこそ無利息などもあるのですが、
2回目からは無利息ではないですし、
企業もそこで収益を見込んでいるので、
出来る限り、一回の借入でキャッシングから抜け出せるようにしましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る