キャッシングとは?

銀行カードローンとは そもそもキャッシングとは、 クレジットカードやキャッシュカードのように指定された銀行の口座を通じて、
一定の限度額の分であれば自由に借入・返済ができるという形のものです。

直接窓口専用のATM、コンビニエンスストアのATMのように提携しているATMなどから借入・返済することが可能となっており、キャッシングの返済方法は基本的に分割で返済するのが多いです。

キャッシングの種類としては、
銀行系・消費者金融系・その他カード会社のものがあり、その系統によって多少傾向が違ってくるものもあります。



銀行系のキャッシングとは

銀行のキャッシングは資本先が銀行となりますから、他のキャッシング会社よりもメリットは沢山ある分、
デメリットも存在しています。

メリットとして挙げられるのが以下の二点となります。

  1. 低金利であること信販系や消費者金融のキャッシングと比べて、
    銀行系のキャッシングは金利が低く設定されています。
    その理由としてもノンバンク(消費者金融などがあたります)の会社とは違い、もともとの資本がキャッシングの手数料から成り立っているわけではないため、金利を低く抑えることができるのです。

  2. 対応力と安心感
    銀行本体が資本となっているため、法律に触れるようなことが無いということときちんと筋道を立てて利用することができるという安心から利用者に選ばれるきっかけにもなっています。
    また困った時の対応力などもあるため、初めての利用の方にも人気です。

    一方で、デメリットとしては『審査が厳しい』ということが挙げられます。
    銀行系は低金利で利用できる分、審査などは厳しくきちんと返済ができるだろうと
    見込みが無い人には絶対に借入させてはくれません。

虚偽の申告などをしてしまうこともないように注意が必要となっています。
キャッシング会社を選ぶ上では銀行を狙っていくというのは、一番ベターなやり方となりますが、
審査が厳しくて落ちてしまうというのは誰にでもある事です。

まずは駄目元でもいいので、審査を受けてみる事が大事になってきます。

逆に面倒だからと簡単に借入できる所で申込んで、後々困った事になるようなことがないように注意は必要です。

提供会社の分類によって、傾向あり!
銀行キャッシングは人気だが、デメリットもあり!
自分にあった会社を見つける努力が必要!

ココがポイント!

CMなどでも話題の銀行カードローンですが、
実情を見てみると、消費者金融の方が優れている点も
かなり見受けられます。
だからこそ、先入観で選ばずにきちんと分類と傾向を理解してから、
借入を行うようにしましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る