ブラックリストって一体何?

ブラックリストについて 金融機関やキャッシング会社などの金銭の貸借を取引(サービス利用)したにも関わらず、 返済を怠ったりその場合連絡などをしないでトラブルとなってしまった場合を『事故』と言います。

この返済などのトラブルに対して金融機関などは、
リストを作っているということはありません。

こういった情報は『信用情報機関』という、
基本的にキャッシングや融資を受ける際に受けた審査に使っている個人情報を判断する機関に記録として残されます。

このトラブルなどの履歴が残っている方をブラックリスト入りしている呼ぶケースが多く、本来ブラックリストと呼ばれているものは存在していません。


事故記録として残るのは?

事故記録は
・『日本信用情報機構』、
・『全国銀行個人信用情報センター』
・『CIC』

の三つの機関が国からの指定を受けて管理をしています。


この三つの機関は信用情報の共有をしており、
審査に利用される個人情報との照らし合わせになど利用されています。

その中に事故記録は含まれ、
また事故記録として残ってしまうものが以下のものになります。

  • クレジットカードなどを利用した後の不払い
  • 携帯電話の割賦金不払い
  • 奨学金返済の遅れ
  • キャッシングやキャッシングなどで借入した分の返済遅延

これらの事故情報が残ってしまうと、次にどこかから借入などをしたいと思った時金融機関は、
『この人には貸せない』と信頼を得ることができません。

それらが理由で審査が通らないということもあります。
住宅ローンなどもこういったケースがあり利用できない方も存在していて、
事故記録が残っていると便利なサービスを提供してもらえないのです。

キャッシングやキャッシングにおける最大のルールは『借入したものは返済プランに沿って返済する事』となっています。それを守らない利用者とは取引したくないと考えるのは妥当なことなのです。

しかしこの事故記録ですが、ずっと残り続けるというものでもありません。
一定時間が過ぎると自動的に消えるようになっています。ですが、事故の内容によって残される時間も違うため注意が必要です。
事故は基本借入した相手に連絡をすれば『事故』という扱いにならないケースが多いです。きちんとした対応をしていきましょう。

ブラックリストは存在しない!
事故情報がブラックリストと考えて良い!
携帯料金などの滞納も問題になるので、気を付けよう!

ココがポイント!

厳密にはブラックリストというものは存在しておりません。
その代り、事故情報があると、借入はほぼできません。
ただし、3つの機関のうち、一つの機関では事故登録されていても、
ほかの2つの機関を利用している会社を選べば、借入も可能なので、
自分のクレジットカードなどがどこの信用情報機関に登録されているかをきちんと確認するようにしましょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る