保証人と連帯保証人?

銀行などからお金を借入する際に立てる『保証人』
保証人というのは二種類あり、『保証人』と『連帯保証人』の二種類が存在しています。

キャッシングの際に保証人などをたてるということはあまりありませんが、
知っておいた方が良い内容となります。

この二種類の保証人はどう違うのでしょうか?

『保証人』について
保証人とは、銀行などで借入をする際に立てる人物のことを差します。
借入をした人物が返済ができなくなってしまったときに、それを支払うことになります。(これは連帯保証人も同じです)
保証人の場合は借入をした人物に支払い能力がある限り、
基本的に支払う義務を負うことはありません。

『連帯保証人』について
連帯保証人とは、銀行などで借入をする際に立てる人物のことを差します。
借入をした人物が借入した分を返済できなくなってしまったときに、
それを支払うことになります。



連帯保証人の場合は、借入した人物と同じ責任を負うことになり
借入した人物でなくても連帯保証人のほうが支払えると判断された時に
取り立てをされても拒否することができない立場となっています。

言葉は似ていますが、全く違うものなのです。


キャッシングに必要なのは?

保証人と連帯保証人について キャッシングでは基本的に保証人は必要ありません。
自身の管理や利用方法で借入が可能というのがキャッシングの魅力であるからです。しかし銀行からの融資や企業からの融資にはもちろん保証人制度は残っています。

個人事業者にもそれらは適応されていますが、
キャッシング等にはそういった保証人制度が無い代わりに
自身でのきちんとした管理が必要となるのです。

計画的に利用し、自身が返済できる分での借入を。
また複数社から借りてしまい管理ができなくなるような事にならないよう自制も必要なのです。便利なサービスであるからこそ、
上手に利用していく必要がキャッシングにはあるのです。

申込・審査・借入・返済のきちんとした流れを理解し、
スムーズなやりとりをしていくことでキャッシングを提供する会社も、
また利用者も気持ちの良い取引ができるでしょう。

また、担保・保証人が必要なローンの代表格として、
カーローンやビジネスローン、ブライダルローンなどの目的別ローン
ありますが、これらのローンにこれらのローンは
担保の必要性があるから一概にだめというわけではなく、
その分金利が低く設定されております。

担保保証人に関して、特に困らない方は目的別ローンも検討の余地があるでしょう。

保証人は不要だが理解は必要!
その代わりに自己管理が厳しく求められます。
保証人が設定できるなら目的別ローンもおすすめ。

ココがポイント!

保証人というのは、キャッシングでは必要ありません。
ただし、その分返済率が落ち、保証人が必要なローンに比べて、
金利が高くなっております。
だからこそ、保証人というものをきちんと考え、もし頼める方がいるのであれば、キャッシング以外の融資の選択肢も視野に入れることをおすすめします。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る