在籍確認はどうして必要なのか?

在籍確認について キャッシングなど、お金を借入するサービスを受ける際必ず必要になる確認事項の中に 『在籍確認』というものがあります。

この在籍確認とは、キャッシングを利用しようとしている方が、
キャッシング会社に提出する個人情報の一つであり、

利用したい方の収入源である会社へきちんと在籍しているかどうかを確認することとなります。

利用を希望している方に返済する能力があるかどうかを判断することに利用しており、在籍確認が取れないと、利用したい方が虚偽の申告をしたのではないかと判断されることもあるのです。

その場合、キャッシング会社はサービスを提供することはありませんので、
そういった虚偽申告と間違わないようにするためにもきちんとキャッシング会社に提示しなければならない事項となります。

しかし在籍確認といわれると、あまり会社に知られたくないという方もいるため、
各社ごとに特例の方法なども準備して対応しています。"



在籍確認はどのように行われるのだろうか?

在籍確認の方法は各社ごとに違います。
しかしどの会社でも在籍確認にあたってとても気をつけている点があります。

今現在もキャッシングなどを利用することを快く思っていない人も多いのと、
会社にばれるのが嫌だ、親族などに知られるのが嫌だ、と思う方も多いからです。
そのため、在籍確認には以下の事が守られています。

キャッシング会社であることを名乗らない。
キャッシング会社の在籍確認では、
まず在籍を確認する事だけが目的なので
自身がキャッシング会社であることを名乗らないのが普通です。

例えば会社の方に取られたとしても不審がられないように
『○○様いらっしゃいますか?』など、会社名などは名乗らずに確認の電話をいれることが殆どです。

本人が席をはずしている場合などは折り返しの電話をと勧めてくる会社の方もいますが、在籍確認の時は基本断る傾向にあります。

やむを得ない場合に限り、電話などでの確認ではなく書類などで確認を取る。
利用者の勤める会社が電話をかけ名前を尋ねても
『個人情報保護の観点からお応えできません』という会社の場合もあります。

こういった会社の場合は、どう頑張っても確認を取れないケースが多いので、
この会社に勤めているという証明になるものをキャッシング会社に提示する必要があります。
提出するものは、社員証、在籍証明書、
給与明細など会社名がはっきりと記載されているものとなります。


在籍確認をスムーズに行うためにも先に、
自身の会社が電話での確認が可能かどうかなどキャッシング会社に伝えておくといいでしょう。

在籍確認は必ず必要になる!
ただし、個人名のため、会社にばれることはない!
社員証でも代替可能な場合もあり!

ココがポイント!

返済能力の裏付けとして、在籍確認はどこの会社でも
行われると考えて間違いないでしょう。
ただし、まずばれることはありませんので心配なく。
個人名からの電話は確かに怪しいですが、
クレジットカードなどでも行われますから、
特段気にする必要もないでしょう。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る