そもそもキャッシングはどんな人が使えるの?

専業主婦の借り入れ術 キャッシングを利用する大前提となるのは、
借入を希望する方に『返済能力があるのか』ということになります。

返済能力が無いと判断された人には勿論ですが、
最初からキャッシング会社が融資することはありません。


キャッシングの基本原則として『借りたものは返す』というルールがありますから、それを守れない人に最初から貸すようなことはないのです。

例えば主婦や学生であっても、パートやアルバイトなど、
多少なりとも収入がある人は、キャッシング会社から融資を受けることができる条件を満たしていることになります。

返済できる定期的な収入があれば、
どんな人でもキャッシングで融資を受けるチャンスを持っているのです。

では専業主婦は駄目なのか?という質問がよくありますが、
専業主婦の場合、大手のキャッシング会社ではサービスを提供している場所が少なく
『主婦でも申込可能』と声高に謳っている会社でも、きちんとしたサービスが整っているかどうかは不明確です。


専業主婦でもできる?

キャッシングを提供している会社には、
それぞれ資本となるものの違いで審査の基準などが変わっています。

『消費者金融系』『銀行系』『銀行』と大きく三つに分かれていますが、
特に消費者金融系はキャッシングなどのサービスを提供する事以外に事業を持たない所も多いため、
収入の無い方にサービスを提供するということは基本ありません。

逆に銀行系のキャッシング会社は、
通常銀行との事業提携や銀行そのものがキャッシングのサービスを提供している所が多いため、
専業主婦でも場合によっては対応してくれる所もあります。

銀行はカードローンで適応される総量規制(お金を借入できる総額の規制)もかからないため、
会社そのものが審査をすることができます。

限度額は消費者金融系や企業系よりも少ないですが、
ちょっとした出費で借入したいというくらいならば十分な金額を融資してもらえるのです。



利用の際に保証人などを立てる必要が無いため、
家族には内緒でキャッシングを利用したい方や、自分の中で何とかしたいと思っている方。
周りには知られたくないと考えている方でも利用できるようになっています。

最重要なのは返済能力の有無!
専業主婦は返済能力なしと見なされる。
その場合は迷わず銀行カードローン。

ココがポイント!

専業主婦の方は基本的には銀行カードローン以外では借入が不可能です。
ただし、これも1つ抜け道がございます。
それは旦那さんの同意をうけ、旦那さんの収入証明書を提出することです。
もちろん、勇気がいるのはわかりますが、
こんなときこそ、夫婦協力しあうべきではないのでしょうか?

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る