信用情報が重要なキャッシング

信用情報をキレイにする方法 信用情報というのはお金を借りる人たちの情報をまとめて、
その人にお金を貸して良いものかを判断するためのものです。
これはキャッシングを利用する時に登録するもので確実に登録されます。
キャッシングを申し込みすればこの信用情報を提供したことにもなりますが、
登録自体は全く気にする必要はありません。

また、信用情報はキャッシングサービスを提供している会社などで総合的に共有されます。
そのため、既にキャッシングを発行していて借入れをしている時に、
さらにキャッシングを追加発行して許容範囲以上の借入れを行おうとすると、
信用情報によって個人の借り入れがストップされてしまいます。
また、申込時に信用情報と食い違いがあったり、
借入れ額や収入等の情報が正確でないと借入れも新しいローンの審査も通過しません。

つまり、キャッシングを利用するには、
できるだけ借り入れがない状態で申し込みをすることがベストということです。


きれいな信用情報って結局??

それでは、きれいな(良い)信用情報とは、一体どういうものなのでしょう?

それは下記のポイントに集約されます。

きれいな信用情報のポイント
(1)過去2年に延滞履歴がない。
(2)過去5年に事故実績がない。
(3)借入金額が少ない。
(4)継続的にサービスを利用している。



上記の4点となります。

(1)過去2年に延滞履歴がない。
こちらは、ご存じでしょうが、信用情報とは2年間保持されます。
そのため、過去2年間の延滞履歴があるとバレてしまいますので、非常に重要となります。

ただし、すべての延滞が記録されるわけではありません。
基本的には2週間以上の延滞や、短期間でも度重なる延滞が、問題となります。

なぜ、すべてが登録されないかというと、サービス提供会社が入金の集計をして、
情報を登録するまでにタイムラグが発生するからです。その間に返済を行えば、許してもらえることもあります。

しかし、毎回遅れてしまっていると、短期間でも登録されますので、油断は禁物です。
過去の履歴が気になる方は、登録している信用情報機関に問い合わせをし、
開示を請求することをおすすめします。


(2)過去5年に事故実績がない。
上記では2年と書きましたが、もし、延滞をしたままカードの解約や、キャッシングを強制解約をされてしまったときは、その情報は返済後5年間残ってしまいます。
こうなってしまったら、ほとんどの会社で借入は難しいため、基本的には断念する必要があります。
ただし、国内には信用情報機関は複数あるので、別の信用情報機関を利用している会社に申し込めば、
基本的には問題はありません。

(3)借入金額が少ない。
当然ながら、借入金額は少ない方が良いです。出来るだけ少ない方が返済確率も上がりますし、信頼されます。
ただし、あまりにも少ない金額にして、また別途借りる際には再審査となりますので、
最低限の余裕は必要です。

(4)継続的にサービスを利用する。
こちらが意外に思われるのですが、キャッシングの利用履歴は悪い印象は持たれません。
むしろ、一回も利用したことがない場合は、未知の新規顧客とされますが、
過去に利用してきちんと返している方は、優良顧客とされます。
そのため、サービスをきちんと利用することは非常に有効といえます。


上記の4ポイントが信用情報をキレイにするポイントとなります。
ともあれ、最初は自分の信用情報をきちんと把握することが大事なので、
まずは一度開示請求をしてみるようにしましょう。

信用情報は驚くほど詳細に書かれている。
意外にも初めての方より、継続的に使っている方がよい!
開示請求は誰でも可能!

ココがポイント!

おそらくこの記事を見た方全員が意外に思うかもしれませんが、
継続的に利用していることは特に悪いことではありません。
継続的に利用=きちんと返済している
とみられるのです。
そのため、今後の利用のことも考えて、毎月の返済日は滞りなく、払い続けるようにしましょうね。

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る