即日キャッシングの複数社借入れ

複数社借入れとおまとめローン 複数社借入れを希望する場合、
過去の借り入れの中で延滞などの信用事故がなければ融資可能になることもあります。

クレジットカードやローンの利用など、
借り入れの記録は信用情報として、
国内に3機関ある信用情報機関内にて
保管されています。


その中でも特に信用事故の情報は、
あらゆる金融機関内で情報交流が行われています。また過去に借り入れ履歴がない場合、
複数社借入れを同時に申込することも理論上では可能です。

しかし、キャッシングの複数社借入れを計画する前に考慮しておきたいポイントがあります。
借入の契約数は前述した個人信用情報として記録されます。

複数社借入れの履歴は今後キャッシングをはじめとする
ローンの申し込みやクレジットカードの新規発行において不利になる場合があります。


次に考慮しておきたいのは「総量規制」です。
貸金業規制法で借入の総額を年収の三分の一以下に抑えることが定められています。
既に借り入れが行われている場合、複数社借入れではこのルールが適用された金額までの融資となります。
銀行が取り扱うキャッシングにつきましては総量規制の対象外ですが、
消費者金融等のキャッシングは総量規制の対象になります。

つまり、複数社借入れの可能不可能を決定するのは個人の返済能力です。
金融機関の「スコアリングシステム」という審査基準で返済能力を予測します。
これによって、融資額や融資の可能不可能が決定されるのです。
また、複数社借入れの審査に通過して融資を受けることになった場合も、注意が必要です。

返済日や返済方法が各社違いますので把握が困難になり、返済計画が立てにくくなる場合もあります。

複数社借入れの不便さに対応した「おまとめローン」なども商品化されています。


おまとめローンって結局何なの?

おまとめローンというのは、複数の会社から、借入(多重債務といいます)した分を、
後から他の一社から借入して返済するというやり方になります。

基本カードローンの場合は、複数の会社から借入するということは少ないと思いますが、
ついついお金の使いすぎや便利だからと借入してしまい、その分を
返済するためにまた違う会社から借入してしまうという悪循環をもたらしてしまったりということも少なくありません。

そうなると、複数の会社から借入してしまうことになり、金利なども膨れ上がってしまいます。
それを押さえるために、一括して他の会社から借入し、返済しなければならない分を全て返済してしまった後、
一括で借入した会社にきちんと返済していくという流れを取るのが「おまとめローン」といい、
借り換えとも呼ばれています。

おまとめローンのメリットは、基本的に
  1. 複数社から借入しているものを、一つの返済先にしたい
  2. 複数社に支払っている手数料を少なくしたい
など沢山あります。


カードローンやキャッシングというのは、
基本的に自身が借入した分に利息を手数料として支払う形になるのが一般的です。

複数社から借入すれば勿論その分の手数料はどんどんと増えていってしまいます。
そう言った場合、本来ならば支払わなくても良い分を多額に支払うことになる訳ですから、負担も大きくなってしまいます。

また、カードローンやキャッシングでは、返済する予定日をすぎたり、
無視したりすれば遅延分の代金なども請求されるようになり、ペナルティもついてしまいます。

こういったことを避けるためにも、返済先をきちんと限定した方がよいことも多いのです。

基本自身での管理というのが大前提となるカードローンですが、
どうしても上手く行かない場合はおまとめローン(借り換え)を利用し
利用上のトラブルを避け、スムーズな取引をするために利用するというケースもあったりします。

複数社借入で重要なことは信用情報!
適当に会社を増やさず、おまとめローンも考慮しましょう!
まとめることで、金利の引き下げが可能です!

ココがポイント!

キャッシングをしてしまう方は、複数社借入をしてしまう方も少なくありません。
もちろん必要なのであれば、するべきなのですが、
安易に行わず、限度額の増額や、おまとめローンの利用を絶対に検討するようにしましょう!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る