即日キャッシングの申込

申込前の会社分析 キャッシングの種類を先に把握しよう!

信販系、銀行系、正規の銀行、はまったく違います!
いますぐ仕組みを理解して、
自分に最適なキャッシングを見つけよう!


キャッシングの提供会社について。
キャッシングは大きくわけると3つの分類に分かれます。


1)銀行キャッシング。
これはれっきとした銀行なので安心です。を売りに広告やCMをうっており、
いまや持っていても当たり前的状況でもあります。

また銀行によっては限度額100万円までは所得証明も必要ありません。
また、銀行キャッシングはかなり多く、地銀を含めるとかなりの数の会社があります。

2)アコムなどの消費者金融も銀行系とされておりますが、
銀行キャッシングと銀行系キャッシングは全くの別物です。
一番の大きな違いは総量規制ですが、その点に関しては、後ほど説明します。

3)最後の一つのキャッシングは信販会社等のキャッシングである。
大手クレジット会社は、場合によっては800万円までなど通常のサラリーマンであれば、
優に年収を超えてしまう金額を貸出し可能な会社も存在します。


各会社の違いは?

上記の3社の違いは簡単にいうと、総量規制の対象か否かです。


総量規制とは年収の3分の1以上の貸付はできないという法律ですが、これは銀行には当てはまりません。
(※銀行系は対象となります。)

ただし、銀行はその分審査が厳しく、総量規制がないとしても、
大きな金額は借入はできないので、あまり変わらないといえるでしょう。


その上で、どの分類の会社から借りるかということですが、
正直な話、すべての会社一長一短があり一言で済ませるのは不可能でしょう。


簡単に傾向の違いだけを説明すると、

1)銀行 審査は遅いが金利は低い。ただし、サービス内容は充実していない。
2)銀行系 銀行に比べ、若干金利は高めだが、即日融資は当たり前、無利息期間の設定や、ポイントサービスなどサービスは抜群。
3)信販系 銀行系に近いが、会社によっては本業ではないため、すべての面で劣っていることが多い

ただし、1、2で多重債務になっている人が流れる傾向もあり、会員数は多く審査が緩い場合もある。
といったところでしょうか?

あなたにこれといって複雑な事情がない場合、1、2の中から借り入れることをお勧めします。

また、申込を同時に3社以上すると、審査が厳しくなるという話もあります。
俗にいう申込ブラックにも該当してしまったようです。
一定期間たてば履歴は消えるのでそこまで深刻になる必要はありませんが、念のため気を付ける必要はあります。

提供会社の分類は、銀行、銀行系、信販系の3種類!
違いは総量規制くらいで、その他は、一長一短あり!
ただし、申込を乱発するのはやめましょう!

ココがポイント!

提供会社の分類は上記の通りです!
ほとんどの方は抽象的な安心感から、銀行を選びますが、
正直な話それは間違っています!
会社によって一長一短がある以上、あまり選択肢を絞りすぎず、
比較検討を繰り返すようにしましょう!

FPが答える基礎知識一覧!

申込編

審査編

返済編

今月の特集

新着

人気コンテンツ一覧

申込編

審査編

返済編


ページの先頭に戻る